SAP® SuccessFactors®などのSAPのクラウドサービスが「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)」に登録

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下 SAPジャパン)は、人事・人財クラウドのSAP® SuccessFactors®および統合・拡張開発基盤ソリューションのSAP® Business Technology Platform(SAP BTP)が「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度、以下ISMAP(イスマップ)」において、政府が求めるセキュリティ要求を満たしているクラウドサービスであると認定され、昨年12月にISMAPクラウド・サービス・リストに登録されたことを発表しました。

ISMAPは、政府が求めるセキュリティ要求を満たしているクラウドサービスを予め評価・登録することにより、政府のクラウドサービス調達におけるセキュリティ水準の確保を図り、クラウドサービスの円滑な導入に資することを目的とした制度です。原則として、各政府機関によるサービスの調達は「ISMAPクラウド・サービス・リスト」に登録された中から行われます。今回、SAP SuccessFactorsとSAP BTPが認定・登録されることにより、各政府機関、地方公共団体、関連の外郭団体にとって、政府のセキュリティ水準を満たしているものとして安心してご検討いただけるようになります。

SAP SuccessFactorsは、人事給与・タレントマネジメントを含む人事業務全般を網羅する統合人事ソリューションとして、国内外の数多くの企業にご利用いただいているクラウドサービスです。SAP® Employee Centralは101カ国/地域でローカライズされ、世界で4,600以上、SAP® SuccessFactors® HXM suiteは7,800以上のお客様にご利用いただいています。

SAP BTPは、SAPが推奨するインテリジェントエンタープライズのプラットフォームであり、全てのSAPアプリケーションの基盤となっています。データベース、およびデータ管理、アナリティクス、システム統合、拡張開発の機能が一つに統合され、クラウド環境とオンプレミス環境の両方に対応したプラットフォームサービスです。

今後、SAP S/4HANA® Cloud、SAP® Ariba®などのクラウドサービスのISMAP登録を予定しており、SAPテクノロジーのグローバルの実績ならびに課題解決の知見とともに、日本の政府機関のデジタル化および行政サービスのデジタル化の支援に努めてまいります。

 

以上

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えており、世界中の商取引売上の87%は、SAPのお客様によって生み出されています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中でき、持続可能な成長を実現する企業のあり方である「サステナブル・インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com/japan )