>

統合型クラウドERP「SAP® Business ByDesign®」、矢橋大理石が運用開始 経営管理強化、業務の標準化を目指す

 SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下SAPジャパン)は、矢橋大理石株式会社(本社:岐阜県大垣市、代表取締役社長:矢橋 修太郎、以下 矢橋大理石)が、SAPの中堅・中小企業向けクラウドERPである「SAP® Business ByDesign®(エスエーピー・ビジネス・バイデザイン)」を採用し、2022年8月から運用開始したことを発表しました。

システム選定のアドバイスと導入プロジェクトマネジメント支援にはTerry’s&Company(本社:東京都中央区、代表取締役:佐々木 宏、以下 テリーズ)が参画し、システムの導入は数々のERP導入プロジェクトの経験を持つ日本アタウェイ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:エングィエン・クァング、以下 日本アタウェイ)が行いました。

矢橋大理石は、1901年に創業し、120年の歴史を持つ建築石材会社です。現在に至るまで、国会議事堂、日本銀行本店、迎賓館赤坂離宮など数多くの日本を代表する建築物を手掛け、日本の近代建築史と共に歩んできました。しかしながら、急速なDX化が求められる事業環境の中、デジタル技術の活用による今後の事業収益力および生産性の向上が急務の課題でした。

矢橋大理石は、その課題に対し、基幹システムを刷新することを決断しました。刷新にあたり、重要と考えた要素は以下の通りです。

  • 迅速で的確な世界レベルの知見が活用できる経営計数管理の実現
  • 予算管理の見える化により、タイムリーな意思決定がよりスムーズかつ効率的に行えること
  • 市況に柔軟に対応して、10年、30年以上続く仕組みが確立できること

上記の狙いを実現するパッケージとしてSAP Business ByDesignが適しているとの判断により、2021年7月から本格的に基幹システムの導入プロジェクトを開始しました。

「今回のプロジェクトは単なるシステムの刷新に留まらず、自社で『当たり前』となっている独自ルールをあらためて見直して標準化し、より効率的な仕組みを実現する良い機会にもなりました。これを機に、さらなる業務の効率化、経営の見える化を推進したいと考えます」と、矢橋大理石の矢橋晋太郎常務取締役はコメントしています。

以上

 

 

矢橋大理石株式会社について

矢橋大理石は1901年に岐阜県で創業された建築用石材のパイオニアです。現在まで国会議事堂をはじめ日本の数々の代表的建築の施工に携わってきました。原材料の調達から加工、据付まで一貫して行えるのが強みで、顧客の想いをかたちにすることに注力しています。
1948年には鉄工生産部、1998年には電子生産部を立ち上げ、時代の要請に応じた事業展開を進めております。

主要業務
【建築石材部門】
・天然大理石、花崗岩その他建築用石材の加工、販売及び施工
・人工大理石による什器製品の製造、販売
【鉄工生産部門】
・鉄道車輛部品、バルブ部品の製造販売
【電子生産部】
・電子プリント基板の加工
URL: https://www.yabashi-marble.co.jp

 

日本アタウェイについて

アタウェイはプロセスやシステムに関するコンサルティングをグローバルで提供しており、2000年にフランスで設立後、現在は14か国、19拠点に展開しております。日本アタウェイは、アタウェイの日本法人として2007年に設立後、多数のプロジェクトの成功に寄与した実績を保持しています。専門業務・製品知識 を有するコンサルタントが多数在籍しており、ほぼ全てのコンサルタントが日英バイリンガルです。言語、文化、働き方の違いなど、グローバルプロジェクトの課題・難しさを熟知した少数精鋭チームで、お客様と一丸となって柔軟にプロジェクトを遂行し、投資対効果を重視したコンサルティングサービスを提供しています。日本アタウェイは財務、サプライチェーン、人事等の日本の基幹業務に精通しており、またプロジェクトマネジメントやチェンジマネジメントのサービスも提供しています。SAPのオンプレミス型及びクラウド製品(SAP® ByDesign®、SAP® SuccessFactors®)、Kronos®ワークフォースマネジメント製品に加えOracle®のオンプレミスやクラウド製品の導入も手掛けています。また日本アタウェイは、日本で唯一Prosci®のチェンジマネジメント認定資格を提供しています。(https://www.ataway.com/ja-jp/

 

株式会社Terry’s & Companyについて

株式会社Terry’s & Company(テリーズ・アンド・カンパニー:東京都中央区)社は、独立系のITコンサルティングファームとして2005年に設立されました。事業戦略実現に必要なシステム将来像の策定から、現状調査と課題識別、システム化構想の策定、システム整備計画への落とし込みなどの上流工程から、システム導入時のプロジェクトマネジメント、及び導入後のチェンジマネジメントまで、IT戦略の構想策定と、その実現までの支援を一気通貫に行い、企業の競争力強化に貢献しています。設立以来、一貫してクライアントに寄り添う姿勢を貫くことで、多くの企業から評価を得ており、これまでの支援実績は1,000社を超えるまでになりました。近年では、「Tech for Good」の考え方をベースに、IT活用によるSDGs推進支援にも力を注いでいます。(www.terry-s.com)

 

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えており、世界中の商取引売上の87%は、SAPのお客様によって生み出されています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中でき、持続可能な成長を実現する企業のあり方である「サステナブル・インテリジェント・エンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com/japan )