>

SAPジャパン、スタートアップ向けプログラム「SAP.iO Foundry Tokyo」 2022年度下期コホートプログラムをスタートアップ4社と開始


2022年11月から13週間のプログラムを実施
テーマは「B2B エンタープライズ SaaS」


SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下 SAPジャパン)は、スタートアップ向けのアクセラレーションプログラム「SAP.iO Foundry Tokyo(エスエーピードットアイオー・ファウンドリー・トウキョウ)」における、“B2B エンタープライズ SaaS”をテーマとした2022年度下期コホートプログラムで支援するスタートアップ4社を決定し、プログラムを開始しました。本年7月より募集を開始し、厳選な審査の結果、4社を選考し、2022年11月1日から13週間にわたり、スタートアップ支援プログラムを実施します。

SAP.iO Foundriesは、SAPがグローバルで展開するスタートアップ向けプログラム「SAP.iO」 (https://sap.io/)の取組みの1つで、SAP社外の優れたスタートアップを支援するものです。世界11都市で運営されており、各都市では年に2回のコホートプログラムを運営しています。東京では、日本の産業界の変革ニーズとの接点を提供しスタートアップとの共創を促進する“実践型”プログラムを提供するため、「SAP.iO Foundry Tokyo」として2019年に開始し、これまでに6回のコホートプログラムを終了しました。

今回7回目となる2022年度下期のコホートプログラム向けに採択されたスタートアップ4社の概要は以下の通りです。(アルファベット順)

 

A1A株式会社(https://a1a.co.jp/)本社:東京都千代田区

    • 製造業調達部門の直接材購買向けに、見積データを活用したコストダウン余地の発掘に特化したソフトウェアを提供

株式会社オプロ(https://www.opro.net/)本社:東京都中央区

    • 業界固有の紙業務をDX(デジタルトランスフォーメーション)化する完全自由設計のクラウド帳票ソリューションの提供

株式会社スマートショッピング(https://smartshopping.co.jp/)本社:東京都品川区

    • 現場のあらゆるモノの実在庫をIoTで見える化し、在庫管理や発注を自動化するDXソリューションの提供

テックタッチ株式会社(https://techtouch.jp/)本社:東京都港区

    • ウェブ上でのシステム操作・入力ガイドを、直観的なUIでプログラミング知識が全く無くても作成できるサービス「テックタッチ」の提供

 

2022年11月から13週間にわたって展開される今回のコホートプログラムでは、以下を予定しています。メンターは主にSAP社内の製品スペシャリストや営業部門のキーマンを中心に多数のメンバーで構成されます。

  1. B2B向け事業戦略に寄与するノウハウ共有
    参加スタートアップ向けのワークショップにより、SAPがこれまで培ってきた大企業向けビジネスのノウハウをはじめ、事業戦略立案、営業、マーケティングなどの幅広い分野の知見を共有します
  2. SAP製品とのAPI等を通じた連携の実装
    機械学習やIoTなどの先端技術を活用した開発環境やデータへのアクセスが提供され、SAPテクノロジーや産業界のデータとの連携を可能とします
  3. SAPエンタープライズ顧客への共同アプローチ
    SAP製品をすでに利用している大企業を中心としたSAP顧客基盤に対し、イノベーションによる様々な課題解決に寄与するため、スタートアップとSAPによる共同提案を行います

 

スタートアップ4社の採択の条件として、エンタープライズ/B2B向けに、すでに自社で開発済みの製品やサービスを有していることとしています。プログラムへの参加に際し、SAPのテクノロジー環境やコホートプログラム中の設備利用料は不要、SAPジャパンからエクイティを要求することもなく、完全に無償で利用できるプログラムとなっています。

SAPジャパン代表取締役社長の鈴木 洋史は、以下のように述べています。「近年、SAPはお客様における常に変化し続けるビジネスニーズに迅速に対応するため、クラウドへのシフトを急速に進めています。それに加えて、クラウドネイティブなテクノロジーを備えるスタートアップとの協業はイノベーションを醸成するのに有用です。このプログラムで協業したスタートアップと共に、お客様のクラウド化を支援し、クラウドサービス利用によるイノベーションスピードの加速をより後押ししていきます」

以上


SAPジャパンについて

SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えており、世界中の商取引売上の87%は、SAPのお客様によって生み出されています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中でき、持続可能な成長を実現する企業のあり方である「サステナブル・インテリジェント・エンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com/japan

Copyright © 2022 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。