Enterprise Resource Planning

統合基幹システム“ERP”が企業経営にもたらす影響を学ぶ 専修大学×SAPジャパン 産学連携講義を2021年前期開講

専修大学とビジネスソフトウェアの開発・販売を行うSAPジャパン株式会社では、専修大学経営学部2~4年生を対象に、企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める上で重要となる、会計や人事給与などのシステム「ERP(Enterprise Resource Planning)」を早くから学び、アフターコロナに向けERPに関する基礎知識を身につけ、企業の経営を学生に学んでもらうことを目的に、ERPをテーマとした産学連携講義「ビジネス研究C(経営資源の最適化)」を2021年度前期講義において開講します。

続きを読む

読み込むアイテムがありません

読み込むアイテムがありません

´

お探しのコンテンツは見つかりませんでした。検索をお試しください。

SAP ニュースに従う

WhatsApp アップデート

申し込む