SAP MaxAttention

LIXILが、SAP S/4HANA®およびSAP S/4HANA® for central financeの導入により、国内事業の基幹システム標準化を実現

SAPジャパン株式会社は、株式会社LIXILが、SAPの次世代ERP「SAP S/4HANA®(エスエーピー・エスフォーハナ)」および、グループ経営基盤実現のためのコンポーネント「SAP S/4HANA® for central finance(エスエーピー・エスフォーハナ・フォー・セントラル・ファイナンス)」の導入によって、国内事業の基幹システム標準化を実現したことを発表しました。

Read more

三井情報、三井物産の国内拠点向け基幹システムを1インスタンスに統合 – 国内拠点とグループ会社の8,000人超が利用する「SAP S/4HANA®」が稼働開始 –

三井情報株式会社は、三井物産株式会社の基幹システムをSAPジャパン株式会社が提供するSAP® ERP から、ERPスイート「SAP S/4HANA®」へ移行する大規模プロジェクト(以下 本プロジェクト)を完了しました。本プロジェクトでは三井物産の国内で利用していた2つのインスタンスを統合し、動作環境をパブリッククラウドのMicrosoft Azureへ移行しています。三井情報はSAPが提供する最上位サポートサービス SAP MaxAttentionTMと共に本プロジェクトに着手し、新しい基幹システムは2020年9月から本番稼働を開始しています。

Read more

MKI、「SAP S/4HANA®」への大規模移行プロジェクトが完了 – グローバルで約40カ国にまたがる三井物産の海外拠点基幹システムが稼働開始 –

三井情報株式会社は、三井物産株式会社の基幹システムをSAPジャパン株式会社が提供するSAP® ERP からERPスイート「SAP S/4HANA®」へ移行する大規模なプロジェクト(以下 本プロジェクト)を完了しました。MKIはSAPが提供する最上位サポートサービス SAP MaxAttention™と共に2018年9月に本プロジェクトに着手し、新しい基幹システムは2019年11月から本番稼働を開始しています。

Read more

九州電力、SAP S/4HANA®で会計領域の基幹システムを再構築、 電力システム改革に対応したDX推進の基盤として活用

SAPジャパン株式会社は、九州電力株式会社が法的分離に対応した経理システムとして、SAPの最新ERPである「SAP® S/4 HANA」を導入し本年4月より本稼働を開始したことを発表しました。本システムはSAPソリューションに関する正確なビジネス/技術専門ガイダンスを提供し、SAPソリューションの導入プロジェクトを支援するサービス「premium engagements(プレミアムエンゲージメント)」の「SAP MaxAttention™(エスエーピー マックスアテンション)」を活用することで、効率的なシステムの導入を可能にしました。

Read more

No more items to load

No more items to load

Follow SAP News

WhatsApp アップデート

申し込む