SAP 2020年第3四半期決算発表 1株あたり利益とキャッシュフローが2桁の好調な増加 SAPがクラウドへの移行を加速し、2025年までにクラウド売上220億ユーロ超えを目指す

プレスリリース — 進行中のクラウドのバックログは固定通貨換算ベースで16%増の66億ユーロ、IFRSベースのクラウド売上総利益率は1.8パーセンテージポイント増、Non-IFRSの固定通貨換算ベースでは0.7パーセンテージポイント増、IFRSベースの営業利益率は2.2パーセンテージポイント減、Non-IFRSベースの営業利益率は固定通貨換算ベースで1.3パーセンテージポイント増となり前年比好調、IFRSベースの1株あたり利益は26%増、Non-IFRSベースの1株あたり利益は31%増、営業キャッシュフローは54%増、フリーキャッシュフローは年初から現在までで79%増、2020年の見通しと中期的な目標を更新、2025年までの目標を大幅に拡大し、クラウド売上220億ユーロ超、予測可能性の高い売上の比率約85%、Non-IFRSベースのクラウド売上総利益率約80%を目指す、2023年から2025年までNon-IFRSベースの営業利益は2桁増加が目標

Read more

Press Releases

← Older posts

No more items to load

No more items to load

Follow SAP News

WhatsApp アップデート

申し込む