九州電力、SAP S/4HANA®で会計領域の基幹システムを再構築、 電力システム改革に対応したDX推進の基盤として活用

プレスリリース — SAPジャパン株式会社は、九州電力株式会社が法的分離に対応した経理システムとして、SAPの最新ERPである「SAP® S/4 HANA」を導入し本年4月より本稼働を開始したことを発表しました。本システムはSAPソリューションに関する正確なビジネス/技術専門ガイダンスを提供し、SAPソリューションの導入プロジェクトを支援するサービス「premium engagements(プレミアムエンゲージメント)」の「SAP MaxAttention™(エスエーピー マックスアテンション)」を活用することで、効率的なシステムの導入を可能にしました。

続きを読む

プレスリリース・ Newsbytes

← 古い投稿

読み込むアイテムがありません

読み込むアイテムがありません

SAP ニュースに従う

WhatsApp アップデート

申し込む