SAP、独立系リサーチ会社より アナリティクス向けデータ管理分野のリーダーに指名

(本リリースは、2月17日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、「The Forrester Wave™:Data Management for Analytics, Q1 2020(アナリティクス向けデータ管理2020年第1四半期)」のリーダーに選ばれたことを発表しました。Forrester Research(フォレスターリサーチ)社はベンダー14社を評価し、戦略性と市場プレゼンスの各カテゴリでSAPに最高の評価を付けました。

SAP HANA®、SAP® BW/4HANA®、SAP® Data Hub(現在のSAP® Data Intelligence)などのSAPのデータ管理ソリューションは、Forrester社が調査で使用した25の評価基準のうち16の基準で5点満点を獲得しました。

このレポートには次のように記載されています。「SAPはリアルタイムのアナリティクス、セキュリティ、統合を重視しています。企業はSAP HANAをインメモリーデータマートに使用し、SAP BW/4HANAデータウェアハウスを実装してSAP IQなどのほかのデータウェアハウスを含む複数のデータソースを統合しています。さらに、2019年5月に発表されたSAP® Data Warehouse Cloudは、業務部門およびIT部門向けに設計された分析およびペルソナ主導の企業向けデータウェアハウス・アズ・ア・サービスです。SAP Data Warehouse Cloudは、各種ソースのデータを統合し、セキュリティ、信頼性、セマンティック情報を維持してビジネスクリティカルなインサイトを加速させることに重点を置いています。このソリューションでは、構築済みアダプターを介してアプリケーションデータに迅速にアクセスできます。…リファレンスカスタマーはSAPのパフォーマンス、データ統合、データモデリング、ストレージ処理機能を高く評価しています…」

このレポートでは次のように評しています。「SAPの大きな差別化要因として、リアルタイムアナリティクスに用いるシェアードナッシングの分散インメモリー・データ・プラットフォーム、最適化されたデータストリーミングとクエリー処理、統合データサービスレイヤー、高度な圧縮、セキュリティが挙げられます」

Ferrara社はSAPを活用して、SweeTARTSやRed Hotsなどの幅広いブランドポートフォリオを若い世代に広めています。

Ferrara社のバイスプレジデント兼CIOを務めるジョージ・レスコ(George Lesko)氏は次のように述べています。「当社はテクノロジーに精通したスイートスナックの大手メーカーであり、アイコン的存在のスイートスナックを製造することに喜びと情熱を持っています。ここ数年で、Ferraraのポートフォリオに多数の有名ブランドが加わりました。企業としての成長が続く中で、SAP HANAを基盤とするインメモリーデータウェアハウスによってデータガバナンスとアナリティクスが大幅に改善されました。サプライチェーンから販売、流通に至るまで、会社全体で何が起こっているのかをリアルタイムで把握できるようになったのです」

SAPは、データとアナリティクスを統合して真のビジネス価値を生み出します。

SAP HANAおよびSAP Analytics担当のエグゼクティブ・バイス・プレジデントを務めるゲリット・カッツマイヤー(Gerrit Kazmaier)は次のように述べています。「今回リーダーに選ばれたことで、SAPが、データとアナリティクスをこれまで以上に緊密に統合し、お客様がデータの可能性を最大限に実現できるよう支援する唯一無二の存在であることを認められたと考えています。SAP HANAのインメモリーテクノロジーを基盤として、お客様はあらゆるデータソースに安全に接続でき、不要なデータ移動を回避できます。最新のSAP Data Warehouse Cloudをはじめとするデータ管理およびアナリティクスソリューションの広範なポートフォリオとクラウドの弾力性を組み合わせることで、お客様はより多くのユーザーにデータへのアクセスを提供するとともに、データランドスケープをシンプル化し、セキュリティを強化し、コストを削減することができます」

SAP HANA は、32,000社以上のお客様が使用しています。

Forrester社のレポートの全文は、こちらからダウンロードいただけます。

詳細については、「SAP’s Data Management for Analytics Portfolio a Leader in Recent Evaluation」(英語)を参照してください。

以上

 

SAPについて
SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業として、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、44万以上の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright c 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。