SAP、ガートナー社の2020年マジッククアドラントにおいて 13年連続でデータ統合ツール分野のリーダーに認定

(本リリースは、8月31日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、独立系調査会社のガートナー社が発行した「Magic Quadrant for Data Integration Tools(データ統合ツール分野のマジッククアドラント)」レポート* においてリーダーに認定されたことを発表しました。ガートナー社はベンダー20社を評価した結果、「実行能力」と「ビジョンの完全性」に基づいてSAPをリーダーに位置付けました。SAPは、このレポートにおいて13年連続でリーダーに選出されています。

ガートナー社は次のような見解を示しています。「データ統合ツール市場は、ハイブリッド/マルチクラウド型のデータ管理、データ統合の拡張、データファブリック設計への対応が急務となる中で、勢いを増しています。20社のベンダーを対象とするこの評価は、データおよび分析の責任者がデータ統合に関するそれぞれのニーズを満たす最善の選択をする上で参考となるでしょう」

SAP HANA® & Analytics、Data Management & Platform担当シニアバイスプレジデントを務めるアンドレアス・ウェッセルマン(Andreas Wesselmann)は次のように述べています。「データはデジタルビジネスの原動力であり、信頼性、完全性、関連性を兼ね備えたデータを提供することでお客様によるインフォメーションエクセレンスの達成を支援することがSAPのミッションです。ガートナー社から今回もリーダーに認定されたことで、インテリジェントエンタープライズを実現する上で不可欠な要素である包括的なデータ統合ソリューションの活用をSAPが促進していることが証明されたと考えています」

SAPが提供するデータ統合ツールにはSAP® Data Intelligenceソリューション、SAP® Data ServicesSAP® Cloud Platform Integration Suiteと、SAP HANAプラットフォームの統合機能が含まれます。SAPのビジネス・テクノロジー・プラットフォームに含まれるこれらのツールでは、包括的な統合の実現が重視されています。

* ガートナー社「Magic Quadrant for Data Quality Solutions」、アナリストEhtisham ZaidiEric ThooNick HeudeckerSharat MenonRobert Thanaraj2020818日発行

以上

 

SAPについて
SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業として、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。