SAP、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスでリードを拡大

(本リリースは、11月19日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)において、14年連続でソフトウェア業界のリーダーに認定されたことを発表しました。パンデミックがもたらす数々の課題にもかかわらず、SAPは過去のスコアを上回り、同業他社を引き離しました。

SAPはスコア全体で100ポイント中74ポイントを獲得し(2019年は69ポイント)、第2位の企業に5ポイントの差を付けました。2019年と比較して、SAPは「情報セキュリティ/サイバーセキュリティおよびシステム可用性」、「人材の獲得および維持」、「環境レポート」など、20カテゴリー中15カテゴリーでパーセンタイル値が改善しました。

このスコアは、信頼性が高くコンプライアンスに則ったクラウド戦略の促進、最も重要な資産としての従業員の評価、統合レポート機能の強化といったSAPの取り組みの表れです。今年は、ソフトウェア業界からの参加企業は合計83社に上り、昨年の倍になりました。またSAPは、基盤となる次の3つの側面すべてについて、スコアが向上しました。

  • ガバナンスと経済:65(2019年:61)
  • 環境:87(2019年:83)
  • 社会:81(2019年:73)

SAP SEのCFO兼エグゼクティブ・ボード・メンバーのルカ・ムチッチ(Luka Mucic)は次のように述べています。「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスでのSAPのランクを誇りに思います。SAPには、ソフトウェア業界のサステナビリティリーダーとしての特別な責任があるのだと改めて感じました。お客様との連携をさらに強化し、お客様のサステナビリティ変革を支援するソリューションを提供して、インクルーシブで再生力のある経済を構築していきます」

投資顧問会社のRobecoSAM(ロベコサム)社が1999年に開発したDJSIは、世界中で最も長期間にわたって使用されているグローバルなサステナビリティ指標です。SAPは、DJSIの発足当初から選出され続けています。SAMコーポレートサステナビリティ評価(CSA)に基づいて、DJSIは企業の経済的、環境的、社会的パフォーマンスを分析します。産業分類ベンチマーク(ICB)に従って定義された60種の各業界について、一般的なサステナビリティ基準から業界固有のサステナビリティ基準まで、さまざまな基準が考慮されます。

2020年には、SAPの強固なESG(環境、社会、ガバナンス)パフォーマンスは、他のESGレーティングによっても認められました。SAPは、FTSE4 Good Index SeriesおよびEuronext Vigeo Eirisの指標(Europe 120およびEurozone 120)の構成銘柄に選定され続けています。MSCI社(旧称Morgan Stanley Capital International(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)社)からも、SAPは最高の「AAA」レーティングでESGリーダーに認定されました。さらにSAPは、ウォール・ストリート・ジャーナル紙の「最も持続可能な経営をしている企業100社」に初めて選出されました。

SAPは、自社のビジネスのためだけでなく、お客様の成功のためにもESGパフォーマンスの重要性の高まりを認識しており、これを重点領域として、包括的な運営とレポートを推進しています。Climate 21やその他のプログラム(循環型経済にフォーカスしたものなど)を通じて、SAPはお客様が自社のサステナビリティパフォーマンスを高めるのに役立つサービスを提供しています。SAPの統合レポートには、「企業は経済面、社会面、環境面の影響を結び付ける新しい会計実務によって自社のビジネスの成功をより包括的に測定できる」というSAPの信念が反映されています。SAPは、バリュー・バランシング・アライアンス(VBA)などの国際的な取り組みや、地域の取り組み(企業のインパクトを測定するさまざまな基準の標準化を目的としてドイツ政府が出資しているプロジェクトQuartaVistaなど)にも参加しています。

以上

 

SAPについて
世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを経由しており、SAPはエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。