SAP、IDC MarketScape 2020年ベンダー評価において 世界規模のB2Bデジタル・コマース・プラットフォームのリーダーに選出

(本リリースは、10月19日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、「IDC MarketScape:Worldwide B2B Digital Commerce Platforms 2020 Vendor Assessment(世界規模のB2Bデジタル・コマース・プラットフォーム2020年ベンダー評価)」でリーダーに選出されたことを発表しました*。SAPがこの栄誉を獲得したのは今回で2度目です**。

IDC MarketScapeの包括的な評価フレームワークと、オンラインでの調査および電話インタビューで収集された顧客フィードバックに基づくレポートで、B2B(企業間取引)用のデジタル・コマース・プラットフォームを提供するベンダー18社が分析された結果、戦略と機能に基づいてSAPがリーダーに位置付けられました。同レポートでは次のように言及しています。「SAP® Commerce Cloudが『将来を見据えた設計』になっているかという質問に対し、インタビューを行った顧客はSAPを平均以上と評価しました。ある顧客はこう指摘しています。『SAPが本当に優れている点はそこにあります。市場参入は多少遅くても、その時点ですでに先んじているのです』」

同レポートではさらに次のように説明しています。「企業の複雑な要件に対処し、B2BとB2Cの両方のビジネスモデルに対応できるオールインワンのデジタル・コマース・プラットフォームを求めている企業は、SAPを検討してください。SAPは他のCXアプリケーションにも利用できます。幅広い機能を提供するプラットフォームにより、ユニークで高度にカスタマイズされたコマースエクスペリエンスを構築して差別化を図ることを重視している企業にとっても、SAPは検討に値する製品です」

SAP Commerce Cloudソリューションは、B2C(企業対消費者間取引)のユースケースと複雑なB2Bのシナリオの両方に統合プラットフォームで対応し、ソーシング、受託品/預託品、複雑な発注、納入オプション、製品、サービス、価格設定に関して、現代の企業が必要とする機能を備えています。SAP Commerce Cloudソリューションを導入した企業は、複数のチャネルで安全に顧客を特定し、顧客とつながることができます。また顧客のプロファイル、好み、同意の設定をエンゲージメントを通じて管理することもできます。

SAP Customer Experience担当プレジデントを務めるボブ・スタッツ(Bob Stutz)は次のように述べています。「B2Bコマースは、B2Cコマースに起こっている変化に応じて大きな転換期を迎えています。顧客が、そして今日では企業が、eコマースエクスペリエンスの主導権を握っており、求められているのは最高のエクスペリエンスです。SAP Commerce Cloudを利用すれば、ビジネスバイヤーにサービスを提供する企業は、確信を持って最高レベルのデジタル・コマース・エクスペリエンスを提供し、持続的な関係を構築することができます」

2020年9月のレポートの抜粋については、「IDC MarketScape:Worldwide B2B Digital Commerce Platforms 2020 Vendor Assessment(世界規模のB2Bデジタル・コマース・プラットフォーム2020年ベンダー評価)」(文書番号US45741520)をご覧ください。

*IDC MarketScapeWorldwide B2B Digital Commerce Platforms 2020 Vendor Assessment世界規模のB2Bデジタル・コマース・プラットフォーム2020年ベンダー評価」、文書番号US45741520International Data Corporation社、202010月。
**IDC MarketScapeWorldwide SaaS and Cloud-Enabled B2B Digital Commerce Platforms 2018 Vendor Assessment世界規模のSaaSおよびクラウド対応B2Bデジタル・コマース・プラットフォーム2018年ベンダー評価」、文書番号US43262518International Data Corporation社、20189月。

以上

 

SAPについて
SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業として、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。