SAP、IDC MarketScape 2020~2021年ベンダー評価において 世界規模のリテールマーチャンダイジングソリューションのリーダーに選出

(本リリースは、1月13日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、「IDC MarketScape:Worldwide Retail Merchandise Operations Management Solutions 2020–2021 Vendor Assessment(世界規模のリテールマーチャンダイジングソリューション2020~2021年ベンダー評価)」(文書番号US47029020、2020年12月)でリーダーに認定されたことを発表しました。

このIDC MarketScapeでは、市場で販売されている主要なソリューションを評価し、各ソリューションをリーダー、メジャープレーヤー、競争者、参加者のいずれかに分類しました。SAPは、IDC MarketScapeの基準に従って評価された結果、リーダーに認定されました。

IDC Retail Insights社の調査担当バイスプレジデントを務めるジョン・デューク(Jon Duke)氏は次のように述べています。「最新のマーチャンダイジングソリューションは、最新のアナリティクスとエクスペリエンス要件に対応するために設計されており、将来的にそれらの機能を拡張、強化できる柔軟性を備えています。また、小売業の厳しい要求へのベンダーの対応能力には、明確な差が生じています」

SAP S/4HANA® Retail for merchandise managementは、小売バリューチェーン全体のビジネスプロセスをサポートするエンド・ツー・エンドのソリューションです。このソリューションは、マーチャンダイジング、オムニコマースのカスタマーエクスペリエンス、ソーシング、仕入、需要予測など、マーチャンダイジング管理のあらゆる要素をサポートします。SAP S/4HANA® Retail for merchandise managementは、小売バリューチェーン全体のビジネスプロセスをサポートするエンド・ツー・エンドは、シンプルなデータモデルにより企業の処理能力を加速させ、ロールベースのユーザーエクスペリエンスによって利用者の生産性を高めます。

IDC MarketScapeの最新レポートの詳細については、「IDC MarketScape:Worldwide Retail Merchandise Operations Management Solutions 2020–2021 Vendor Assessment(世界規模の小売商品オペレーション管理ソリューション2020~2021年ベンダー評価)」をご覧ください。

以上

 

SAPについて
世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを経由しており、SAPはエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2021 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。