SAP® Integration Suite、2021年Gartner Peer Insightsで エンタープライズiPaaS分野のCustomers’ Choiceに選出

(本リリースは、4月29日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、SAP® Business Technology Platformを構築するための主要なソリューションであるSAP® Integration Suiteが2021年Gartner Peer Insightsの「Voice of the Customer」でエンタープライズiPaaS(Integration Platform as a Service)分野のCustomers’ Choiceに選出されたことを発表しました。

この分野のCustomers’ Choiceに選出されたベンダーは2社のみで、SAPはその1社として5つ星評価の総合評価で4.6を獲得しました。93%のお客様が、SAP Integration SuiteをエンタープライズiPaaSとして推奨すると回答しました。

Gartner Peer InsightsのCustomers’ Choiceは、エンタープライズソフトウェアおよびサービスの意思決定担当者向けにピアレビューと評価を無料で公開するプラットフォームです。

SAPエグゼクティブボードのメンバーで最高技術責任者を務めるユルゲン・ミュラー(Juergen Mueller)は次のように述べています。「このような評価を得られたことは、あらゆる環境において統合のニーズが高まる中、お客様に役立つ実績のあるソリューションとしてSAP Integration Suiteがさらに認められた結果であると考えています。お客様はSAP Integration Suiteを使用して、インテリジェントエンタープライズへの変革を進めながら俊敏性と競争優位性を維持しています。SAPは、お客様からのフィードバックにこれからも耳を傾け、価値のあるエクスペリエンスを提供していきます」

カスタマーレビューは、正当性を保証するため厳格な検証およびモデレーションプロセスを経て公開されています。以下はレビューの抜粋です。

  • 複数のSAPソリューションの統合に最適なクラウドプラットフォーム:当社にとって最適なクラウドプラットフォームであり、ビジネスアプリケーション向けの高速で信頼できるクラウドプラットフォームです。統合機能が優れており、複数のSAPソリューションを統合できます」— アシスタントプロフェッサー(教育業)
  • 信頼性、信用、コンテンツ、パフォーマンスは安定した統合プラットフォームの基本:当社で対応する必要がある議題やニーズという面では、SAPと当社の間の協力関係は非常に良好です。オープンであることと、信用できることは重要な要素です。また、人、製品の可用性、安定性、パフォーマンスを信頼できることも大切です。当社にとってのSAPの大きなメリットは、SAP® API Business Hubに用意されている事前定義済みの統合コンテンツです。この事前定義済みの統合シナリオの利用が、時間とコストの節約につながります。また、活発なユーザーコミュニティもあります」— ビジネスアプリケーションプラットフォーム担当ディレクター(製造業)
  • 堅牢なプラットフォーム:SAP® Cloud Platformと結び付けられた統合レイヤーにより、外部サービスと外部プラットフォームとの統合が簡単になります。全般的に使いやすく、パフォーマンスと安定性が非常に優れています。また、SAPの製品とサービスの統合に関するSAPロードマップもあります」— エンタープライズアーキテクト(エネルギー業と公益事業)
  • TCOの削減:SAP® Cloud Platform Integrationにより、SAP製品とSAP以外の製品とシームレスに統合でき、財務面でのメリットも得られます。財務面でのメリットは、総所有コスト(TCO)の削減にもつながります」— インテグレーションスペシャリスト(サービス業)

「Voice of the Customer」クアドラントの右上に位置するのが、Gartner Peer InsightsのCustomers’ Choiceに選出されたベンダーです。最大7社のベンダーが選出されます。選出の条件を満たすのは、該当する市場でGartner Peer Insightsの対象製品があり、総合評価(5つ星評価)がその市場の平均以上で、1年の対象期間中に公開基準を満たしたカスタマーレビューが50件以上寄せられているベンダーです。また、カスタマーレビューには多様な業種、企業規模、導入地域に属する幅広い企業顧客からのレビューが含まれている必要があります。Customers’ Choiceの選出に関する詳細はこちらでお読みいただけます。

詳細については、こちらで2021年のレポートをお読みください

また、SAP Integration Suiteは、ガートナー社の2020年マジッククアドラントでエンタープライズiPaaS分野のリーダーに認定されています。

ハイブリッド、オンプレミス、クラウド、160個のサードパーティーアプリケーションなど、多数の統合シナリオをサポートするように設計されたSAP Integration Suiteは、SAP S/4HANA®、SAPが提供するその他の基幹業務アプリケーションなど、SAPのアプリケーションポートフォリオ全体にわたり統合戦略をサポートする基盤となるテクノロジーでもあります。詳細については、SAPのクラウドへの統合ロードマップをご覧ください。

免責事項
ガートナー社のGartner Peer InsightsVoice of the Customer」:エンタープライズiPaaS分野のVoice of the Customerは、202141日時点のものです。評価と点数は2021131日時点のものです。

以上

 

SAPについて
SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPはエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支え、そのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援しています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2021 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。