SAP、Red Hat社の外部人材管理の強化を支援

(本リリースは、8月4日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、エンタープライズ向けのオープンソースソリューションを提供する世界的プロバイダー、Red Hat社が、Monument Consulting社との提携を通じて、SAP Fieldglass® Contingent Workforce Managementアプリケーションを主軸に北米での外部人材プログラムを合理化および統合したことを発表しました。

Red Hat社は、外部人材管理を一元化および標準化することで、プロセスを改善し、支出を可視化して、人材に関する意思決定を強化しました。SAP Fieldglass®アプリケーションの導入により、北米での外部人材管理について、市場価値を見極めることでコストを低減し、規制を遵守することでコンプライアンスを向上させました。

Red Hat社でシニアバイスプレジデント兼最高人材責任者(CPO)を務めるジェニファー・デューデック(Jennifer Dudeck)氏は次のように述べています。「エンタープライズ向けオープンソースソリューションのプロバイダーとして業界トップに立つには、専門的なスキルを持ちながら、柔軟性と適応力が高く、企業とともに成長しようという意識の高い人材が必要です。当社にとって外部人材は、イノベーションと成長の大きな促進要因です。Monument Consulting社の協力とSAP Fieldglassアプリケーションのおかげで、外部人材の可視性と価値を向上して、優れた人材の獲得、採用の迅速化、オンボーディングの効率化を実現するとともに、コスト削減を達成できました」

オープンソースリーダーとしてコミュニティを積極的に活用するアプローチは、Red Hat社のビジネスの中核を成し、社内文化にも顧客向けソリューションにも反映されています。そして、外部人材は組織の運営と成功に重要な役割を果たします。大規模エンタープライズプロジェクトを率いるプログラムマネージャーやプロジェクトマネージャーから、特定のキャンペーンの経験を持つマーケティングスペシャリストまで、さまざまな役割を果たしています。

Red Hat社では、以前は、高度なスキルを持った外部人材が必要なときに、複数の人材派遣会社に依頼して人材を調達および管理していましたが、そのプロセスはすべて手動でした。外部人材プログラムの価値を最大限に引き出すには、支出、人員数、仕事の質を可視化すると同時に、北米事業全体でプロセスを標準化する必要がありました。その実現のために選択したソリューションがSAP Fieldglass Contingent Workforce Managementです。Red Hat社のマネージドサービスプロバイダーであるMonument Consulting社の支援により、導入はわずか90日で完了しました。

Red Hat社がクラウドベースのSAP Fieldglassアプリケーションによって実現した、業界をリードする革新的な外部人材管理アプローチをいくつか紹介します。

  • 外部人材を統合および同化するスピードと効率を向上。面接、オンボーディング、オフボーディングを合理化することで、採用を迅速化して候補者や採用担当者のエクスペリエンスを向上するとともに、優れた人材を適時に獲得できるようにして人員計画を改善しています。
  • 外部人材管理に関する支出を詳細に可視化。人材派遣会社の管理や支払など、それぞれ孤立していた外部人材管理プロセスを統合および合理化しました。
  • 将来の世界展開に向けて機能を強化。データとワークフローの統合により、地域固有の税制や就業規則を拠点間で一貫させるなど、幅広い機能を持ち高度なカスタマイズが可能なソリューションを実現しています。
  • 包括的なデータおよびレポートツールを活用。リアルタイムのデータと組み込み型のアナリティクスにより、北米での外部人材管理を強化し、人材派遣会社の利用に関するコストを削減しました。

SAP Fieldglassの最高技術責任者であるビシュ・バリガ(Vish Baliga)は次のように述べています。「今日、働き方は変化しており、Red Hat社はその進化の最先端にいます。コミュニティ重視のイノベーションアプローチで知られる同社は、その潜在能力を最大限に発揮するために外部人材市場の独特な要求に対応すること、そして誰もが欲しがる優秀な人材を獲得するにはイノベーションを推進することが重要だと理解しています。そして今、世界中でオープンソーステクノロジーの発展に貢献し続けながらビジネスを効率的に拡大できるデジタル外部人材管理プラットフォームを手に入れたのです」

以上

 

SAPについて
SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPはエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支え、そのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援しています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2021 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。