SAPジャパン、TANAKAホールディングスにSAP S/4HANA® Cloudを導入 経営情報の見える化基盤が稼働開始

Hot Story

SAPジャパン株式会社(代表取締役社長:鈴木洋史、以下SAPジャパン)は、TANAKAホールディングス株式会社(代表取締役社長執行役員:田中浩一朗、以下TANAKAホールディングス)が、経営資源の効率化と経営への情報提供基盤構築のためにSAP S/4HANA® CloudをはじめとするSAPソリューションの導入プロジェクトに取り組み、2021年10月から稼働を開始したことを発表します。
本システムの構築プロジェクトはコンサルティングファームの株式会社クニエ(以下クニエ)および富士通株式会社(以下富士通)が支援しました。
これにより、経営の舵取りに必要な情報をスピーディに収集・分析することが可能となり、今後の事業運営の効率化・ビジネス拡大に大きく貢献するものになります。

田中貴金属グループは 1885 年(明治 18 年)の創業以来、貴金属を中心とした事業領域で幅広い活動を展開しています。国内ではトップクラスの貴金属取扱量を誇り、長年に渡って、産業用貴金属製品の製造・販売ならびに、宝飾品や資産としての貴金属商品を提供し、貴金属に携わる専門家集団として、国内外のグループ各社が製造、販売そして技術が一体となって連携・協力し、製品とサービスを提供しています。TANAKAホールディングスは、その田中貴金属グループの中心となる持株会社として、グループの戦略的かつ効率的な運営とグループ各社への経営指導を行っています。

TANAKAホールディングスは、本年度よりスタートした新経営計画「TANAKA RENAISSANCE PLAN(TRP)2085」において、創業200年企業を目指すにあたり、既存事業の深化にくわえ、新規事業、技術を探索することで、未来を自らの手で創りだす「深化と探索の両利きの経営」を標榜、推進しています。その実現のためにも、創業200年である2085年までの長い航路の羅針盤としてサステナブルなシステム基盤の構築を重要な経営課題の一つとして取り組んでいます。本プロジェクトでは、会計・購買領域の国際標準化を見据えた新たなシステムの構築と、多層化した社内ITシステムの再構築・統合、取引先などとの連携強化を進めるために必要となるIT基盤の構築に取り組みました。

IT基盤の中核には、会計・購買領域でグローバルでも多くの実績を持つSAP S/4HANA Cloudを、取引先マスタの一元管理には、データをビジネスバリューに転換し、エンド・ツー・エンドのビジネスプロセスを構築するSAP® Business Technology Platform (旧SAP® Cloud Platform)を採用し、この度、本格運用が開始されました。経営情報の見える化によりさらなるビジネスの拡大を目指します。今後は、国外関連子会社・販売現地法人への展開を予定しています。

クニエは、本システム開発・導入にあたって、管理間接部門における業務改革、および正確でタイムリーな経営情報を経営者に提供するため情報基盤構築における戦略立案等、プロジェクト全般におけるコンサルティング業務を担当しました。

富士通は、長年にわたるTANAKAホールディングス様とのビジネスや、業務システムの構築・運用等で培った知見やノウハウを活かし、本システム開発にあたってSAP® Business Technology Platform (旧SAP® Cloud Platform)上での取引先管理システムの開発、および関連システム間のインターフェースの構築支援を行いました。

以上

 

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPはエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支え、そのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援しています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com/japan

 

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。