SAP.iO Foundries北米チームとAccenture社、2つの新しいサステナビリティコホートを開始

(本リリースは、11月22日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)とAccenture(アクセンチュア)社は、SAPの外部スタートアップ向けアクセラレータープログラムであるSAP.iO Foundries北米で2つの新しいコホートを開始します。SAPとAccenture社のエキスパート、パートナー、お客様により、数百社の候補の中から13社のスタートアップがコホートに選出されました。

コホートに参加するスタートアップは、再利用可能な梱包材や、責任と倫理を備えたサプライチェーンなど、バリューチェーン全体でサステナビリティを推進する革新的なソリューションを消費者および小売企業向けに構築しています。また、エネルギーおよび天然資源業界の企業におけるサステナビリティ目標(コンプライアンス、規制、追跡、炭素取引など)の管理のサポートに重点を置くスタートアップも含まれています。

選ばれたスタートアップは、これから16週間にわたってSAPとAccenture社からなるサステナビリティおよびテクノロジーエキスパートの精鋭チームと連携します。その中で、各社には、SAPのテクノロジーおよびAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)へのアクセス、SAPとAccenture社の世界中のお客様とのコラボレーション機会が提供されます。スタートアップ各社は、SAP® Product Footprint ManagementSAP® Responsible Design and ProductionなどのSAPソリューションとの統合を行います。また、SAPとAccenture社の長年にわたるパートナーシップ、テクノロジーを活用して世界中でより持続可能な未来の構築をサポートするという共同コミットメントに基づいて構築されたAccenture社のサステナビリティサービスと広範な業界知識を活用します。SAP.iO Foundries北米のサステナビリティコホートには、以下のスタートアップが参加します。

消費者および小売

  • Algramo(アルグラモ)社は、消費者がより便利かつリーズナブルで廃棄物の出ない方法で購入でき、人、ブランド、小売業のつながりを構築して消費習慣を変える循環型プラットフォームを提供しています。
  • EcoCart(エコカート)社は、事業活動の二酸化炭素排出量を計算し、植樹や風力発電所建設など、影響力のある認証済みのカーボンオフセットプロジェクトに投資することによって、二酸化炭素排出量を相殺するソフトウェアを提供しています。
  • Everledger(エバーレッジャー)社は、ブロックチェーンとIoTを活用してサプライチェーンに透明性をもたらし、品質、原産地、サステナビリティフットプリント、コンプライアンス基準を明らかにするソリューションを提供しています。
  • EVRYTHNG(エブリシング)社は、顧客が工場から消費者、さらにその先まで、エンド・ツー・エンドで自社の各製品のリアルタイムのデータインテリジェンスを取得し、ビジネスで差別化を図れるように支援しています。
  • Inspectorio(インスペクトリオ)社は、デジタル化、自動化、透明性、トレーサビリティについての動的かつリスク評価ベースの品質コンプライアンスプログラムを提供しています。
  • LimeLoop(ライムループ)社は、再利用可能な梱包材、リアルタイム追跡、予測分析など、持続可能な出荷のためのプラットフォームを提供しています。
  • Specright(スペックライト)社は、ブランド、サプライヤー、製造業者、小売業者がデータの管理および製品の市場投入のためのコラボレーションを行う方法を変えるスペック管理専用プラットフォームを提供しています。

エネルギーおよび天然資源

  • Bidgely(ビッジリー)社は、公益事業および消費者がエネルギーについてデータ主導の意思決定を行えるようにすることで、クリーンエネルギーの未来を加速しています。
  • Camus Energy(カムスエネルギー)社は、公益事業とエネルギープロバイダーにシステム全体の可視性、予測、高度な管理機能を提供することで、地域の再生可能エネルギーの供給と柔軟な需要のバランスを保ち、分散型で二酸化炭素排出量ゼロの未来の実現を目指しています。
  • Empower(エンパワー)社は、透明性のある追跡可能なプラスチックごみの回収、ソーシング、リサイクルを世界規模で奨励しています。
  • OilX(オイルエックス)社は、世界初のデジタルオイルアナリストです。同社は、衛星テクノロジーおよびAIを活用して、油井での採掘から車両での消費まで、石油のサプライチェーンのデジタルツインを作成します。
  • Singularity Energy(シンギュラリティエネルギー)社は、顧客の炭素排出削減をサポートするデータおよびアナリティクス企業です。
  • SupplHi(サプルハイ)社は、ベンダーのスカウト、審査、パフォーマンス評価、さらにベンダーの財務状況、コンプライアンス、持続性の評価など、ベンダー管理に対応しています。

以上

 

SAPについて
SAPの戦略は、あらゆる企業がサステナブル・インテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。世界中の商取引売上の87%は何らかのSAPシステムを経由しており、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中でき、持続可能な成長を実現する企業のあり方である「サステナブル・インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2021 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。