>

SAPジャパン、パブリッククラウド型SAP S/4HANA® Cloudの最新版を提供開始    

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下 SAPジャパン)は、本日、パブリッククラウド型SAP S/4HANA® Cloud(エス・エー・ピー・エスフォーハナ・クラウド)の最新版を提供開始しました。

パブリッククラウド型SAP S/4HANA Cloudの最新版では、開発言語のABAPを用いたプログラミングにより、クラウドシステム上でのカスタム機能開発が行えるようになりました。これまでは、標準機能ではカバーできない業種あるいは顧客固有の要件を実現するために、In-App拡張、およびSide-by-Side拡張と呼ばれる2つの拡張方法を提供して来ました。In-App拡張は、顧客独自の項目やビジネスロジックの追加、カスタム分析の追加作成といったカスタマイズを、ローコード/ノーコードで行う拡張ツールです。また、業種別あるいは顧客固有のアプリケーションが必要な場合は、Side-by-Side拡張として開発プラットフォームのSAP® Business Technology Platform(SAP BTP)を用いて開発し、そのアプリケーションをAPIで公開APIを介してSAP S/4HANA Cloudと繋ぐ、という形で拡張性を確保してきました。

これまでのパブリッククラウド型SAP S/4HANA Cloudは、業種によって大きな違いが生じない会計中心の領域における、標準機能を可能な限り活用するFit to Standard型の導入を前提としており、この領域における拡張性要件は、これら2つの拡張方法で十分対応できるものでした。今回提供を開始したABAPによるカスタム機能開発拡張は、拡張の柔軟性を大幅に高めるものであり、近年急速に強化された製品標準機能と併せて、販売業務や製造業務といった業種あるいは顧客固有の要件が見られる領域にも十分に対応可能なものとなっています。かつ、新しいABAP開発拡張では、公開オブジェクトを使用した開発手法を採用しており、将来的な製品アップグレードの影響を受ける心配もなく、クラウドサービス利用によるイノベーションスピードの加速、というメリットを保持したまま、固有のカスタム機能を実現することが可能です。

近年SAPでは、事業の急速なクラウド化を進めており、2025年にはグローバル全体で22億ユーロ(約3兆円)を売上目標に掲げています。市場環境においても、2025年の崖では、既存システムの軽量化が今後の企業の成長に向けた喫緊の課題であることが提起され、最近では、日本政府によって、クラウド・バイ・デフォルト原則の方針も示されるなど、企業・組織が利用するシステムのクラウド化は、ますます加速しています。このような背景および今回の最新版の提供開始を踏まえ、今後SAPジャパンでは、販売や製造など、会計領域以外においても、パブリッククラウド型SAP S/4HANA Cloudの利用を積極的に推進していきます。

SAPジャパンでは、主に中堅企業を対象とし、パブリッククラウド型SAP S/4HANA Cloudの導入を急速に進めていきます。そのために今回、新たに専任営業部隊を組織し、事業推進体制の強化を図ります。また、ABAPを用いた業種別の機能開発については、パートナー企業による開発を中心に進めていく方針です。そのために、今後、SAP S/4HANA Cloudに特化した新たなパートナープログラムを立ち上げる予定です。

以上

 

 

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えており、世界中の商取引売上の87%は、SAPのお客様によって生み出されています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中でき、持続可能な成長を実現する企業のあり方である「サステナブル・インテリジェント・エンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com/japan