>

SAP、フィリップス66のデジタルトランスフォーメーションを支援

(本リリースは、12月1日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE: SAP)は本日、デジタルトランスフォーメーションを推進するフィリップス66社が、業界をリードするソリューションを導入するためにSAP®を選択したことを発表しました。同社の目標には、最大収益につながる意思決定、コモディティリスクの軽減、資本管理、および炭化水素バリューチェーンを高い精度で可視化することが含まれていました。

フィリップス66社は、クラウド展開できるソリューションを活用して、これらの課題に対応し、さらに原油価格の変動という好機を活かすためにSAPを選択しました。また、石油精製製品に対する需要の大きな高まりに対応することも、もう1つの課題となっています。

SAP SEのIndustries and Customer Advisory担当プレジデントであるピーター・マイヤー (Peter Maier)は、次のように述べています。「この非常に不安定な市場において、炭化水素サプライチェーンの透明性、回復力、俊敏性を高めるためには、統合された高度なデジタルシステムとプロセスが必要です。SAPとフィリップス66のコラボレーションは、バリューチェーンをリアルタイムに可視化することで、持続可能なエネルギー移行に向けたビジネス変革とエネルギー変革を発動し、加速させることができます」

このプロジェクトには、新しいビジネスオペレーティングモデルによる炭化水素バリューチェーンの最適化、資本プロジェクトの実行、ビジネス主導のアナリティクス、統合ロジスティクス、デジタルオペレーション&メンテナンス、およびアプリケーションの合理化を網羅する新しいデジタルプロセスが含まれていました。より持続可能な事業運営への転換は、企業がデジタルトランスフォーメーションを通じて実現できるメリットの1つです。

フィリップス66社のエマージングエネルギーおよびサステナビリティ担当エグゼクティブバイスプレジデントであるジャンナ・ゴロドリガ(Zhanna Golodryga)氏は、次のように述べています。「フィリップス66の目標は、炭化水素事業から洞察を得て、できるだけ高い価値を引き出すことです。私たちはどの事業および部門においても、オペレーショナルエクセレンスを維持するだけでなく、高めたいと考えています」。ゴロドリガ氏は以前、同社でデジタルトランスフォーメーションを主導するポジションにありました。

この新システムは、北米および世界中の拠点にいるフィリップス66社の13,000人の従業員ほとんどに影響を与えるものになります。

以上

 

SAPについて
SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えており、世界中の商取引売上の87%は、SAPのお客様によって生み出されています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中でき、持続可能な成長を実現する企業のあり方である「サステナブル・インテリジェント・エンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2022 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。