業界をリードする世界の大手企業で導入が進むSAP® Ariba®とSAP Fieldglass®のインテリジェント支出管理ソリューション

(本リリースは、2月10日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

 SAP SE(NYSE:SAP)は、2019年第4四半期にSAP® Ariba®SAP Fieldglass®インテリジェント支出管理ソリューションを新たに採用した世界企業リストを発表しました。これらのソリューションは、原価とリスクを管理しながら、イノベーションと成長をもたらす新たな機会を特定し、調達購買業務とフレキシブルワークフォース管理の最大限の効率化を支援します。

SAP AribaとSAP Fieldglassのシニア・バイス・プレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めるパット・マッカーシー(Pat McCarthy)は次のように述べています。「世界中の多くの業界において、デジタル変革がこれまでにないペースで進んでいます。ビジネスリーダーは、事業支出を効率的かつ包括的に管理することが成長戦略の成功に不可欠であることを理解しています。CPO(最高購買責任者)やCFO(最高財務責任者)は、サイロ化されたアプローチによる事業支出管理に限界を感じています」

インテリジェント支出管理ソリューションリストには以下の企業が含まれています。

  • Allegiant Travel Company:米国を拠点とする格安航空会社は、内部のファイナンストランスフォーメーションの推進によってインテリジェントエンタープライズを実現し、継続的なビジネスイノベーションをサポートするため、SAP S/4HANA®、SAP Cloud Platform、およびSAP Aribaソリューションを採用しました。
  • BRK Ambiental:ブラジル国内の100を超える市に拠点を持つブラジル最大の民間水道会社は、SAP S/4HANAとクラウドベースのSAP Concur®、SAP SuccessFactors®、およびSAP Aribaソリューションを含むデジタル変革に乗り出しました。上下水道を管理する同社は、完全にデジタル化することと、複数の公共コンセッション事業を1つに統合することを計画しています。
  • Coca-Cola HBC:The Coca-Cola Company(ザ コカ・コーラ カンパニー)社の主要ボトラーです。同社は世界28カ国で事業を展開し、6億人を超える顧客に商品を提供しています。調達のデジタル変革に関する企業目標を達成するため、同社はSAP Aribaソリューションを採用しました。採用の決め手となったのは、これがエンド・ツー・エンドのソリューションであり、既存のSAPソリューションと統合できる点でした。SAP Aribaソリューションにより、同社は最新の調達・購買プラットフォームを導入して組織を効率化、透明化、可視化できます。
  • Cotemar:メキシコの油田サービスプロバイダーは、SAP HANA®、SAP Cloud Platform、およびSAP Fieldglassソリューションの導入によりインテリジェントエンタープライズへの変革を続けています。データを1つのプラットフォームに統合することで、同社は業務をリアルタイムで完全に可視化し、意思決定を改善できます。また、SAP Fieldglassソリューションへの移行により、外部人材管理を効率化します。
  • CTG Brasil:China Three Gorges Corporation社の子会社であるブラジル第2位の民間電力会社は、買収を中心とする成長計画の基盤としてSAPを採用しました。同社は、SAP S/4HANAおよびSAP Aribaソリューションの導入により、新たに買収したすべての企業を1つの堅牢なプラットフォーム上に統合する予定です。これにより、リアルタイムの情報にアクセスできるようになり、調達購買業務の統合と管理業務の改善が実現し、意思決定が改善される見込みです。
  • FEMSA:メキシコを拠点とし、中南米の10カ国で事業を展開する世界最大のコカ・コーラボトラーは、調達・購買プロセスを統合して従業員による購買の意思決定を改善するため、2019年にSAP Aribaソリューションを導入しました。
  • Ford Motor Company:米国でSAP S/4HANA、SAP Ariba Supply Chain Collaboration for Buyers、およびSAP Digital Supply Chainソリューションを導入して複数の既存システムを廃止しました。これにより同社は、洞察をアクションにリアルタイムで変換し、グローバルファイナンスおよび購買プロセスを合理化し、ITランドスケープ全体をシンプル化できるようになります。
  • MINTH Group:中国の大手自動車部品サプライヤーは、グローバルな統合ITアーキテクチャーを構築してグループ管理機能を強化し、スマートマニュファクチャリングを推進し、競争力を高めるため、SAP S/4HANA、SAP Supply Chain Management、SAP HANA、SAP SuccessFactors、およびSAP Aribaソリューションを採用しました。
  • New York Yankees(ニューヨーク・ヤンキース):契約を管理するため、SAP Aribaソリューションの複数年のパートナーシップ契約を結びました。SAP Aribaソリューションによって組織の契約プロセスが合理化および効率化され、すべての関係者に可視化されます。
  • RCD Hotels:メキシコとカリブ海諸国でHard Rock Hotel、UNICO 20°87°、Nobu Hotelなどの高級ホテルのマーケティング、営業、運営を管理する同社は、調達・購買プロセスの最適化による可視性の向上と、サプライヤーおよび購買の管理強化を目的としてSAP Aribaソリューションを採用しました。
  • Via Varejo:ブラジル全土に1,000店を超える店舗を展開する小売業者は、eコマース運用の完全なデジタル変革を進めています。同社は、効率的でスケーラブルな統合プラットフォームで販売への即応性を高めるため、SAP S/4HANA Cloud、SAP Ariba、およびSAP SuccessFactorsソリューションを導入しています。
  • ZHK:中国の工業製品卸業者は、SAP Ariba Strategic Sourcing Suiteを選択し、これを既存のSAP S/4HANAシステムと統合することでデジタル変革をさらに推進します。同社は、調達・購買を最適化し、業務の可視性とコンプライアンスを強化しながら、コストを削減し、効率性を高めて競争力を維持することを目標としています。

以上

 

SAPについて
SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業として、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、44万以上の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright c 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。