SAP、ガートナー社のマジッククアドラントで 販売実績管理(SPM)分野のリーダーに7年連続で認定

(本リリースは、2月26日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、ガートナー社のマジッククアドラントで販売実績管理(Sales Performance Management:  SPM)分野のリーダーに7年連続で認定されたことを発表しました。

ガートナー社は最新のレポートで、SAP® Sales Cloudソリューションを含む、SPMベンダー10社の製品を評価しました。

SAPのSPMソフトウェアはSaaSのみのデプロイ形式で、インセンティブ報酬管理(ICM)、テリトリーおよび見積もり管理などSPMのコア機能をすべて提供します。このSPMサービスは、セールスフォースオートメーションとSAP CPQソリューションとともにSAP Sales Cloudポートフォリオを構成しています。

SAP Sales Cloudには以下のような成功事例があります。

  • Lenovo社では、ノルマ設定の所要時間が1カ月から1週間に短縮されました。
  • Docker社では、支払報酬プランの正確さが95パーセント上昇し、紛争がほぼなくなりました。
  • Pivotal Software社では、報酬の不正確さが72パーセント減少しました。

SAP® Customer Experienceの最高売上責任者で共同ヘッドを務めるポーラ・ハンセン(Paula Hansen)は次のように述べています。「競争の激しい業界で企業が急速な成長を実現するには、強気な目標を設定することが必須です。しかし、実際には、多くの企業が売上目標を達成していません。多くの場合、ノルマ達成率は50~60パーセントです。SAPのSPMソリューションでは、機械学習を利用したアナリティクスで業務効率およびプランニング効果を高めることができます。これは、営業担当者の収益性を高める仕組みを作るのに役立ちます」

SAP Sales Cloudソリューションは、SAP® Marketing Cloud、SAP® Commerce Cloud、SAP® Service Cloud、およびSAP Customer Data Cloudソリューションとともに、より広範なSAP Customer Experienceポートフォリオを構成する一部です。

SAPは、CPQアプリケーションスイート分野およびセールスフォースオートメーション分野のリーダーにも認定されました。

詳しくは、販売実績管理分野を詳細に分析したガートナー社のレポートはここから無料でダウンロードしていただけます。

以上

 

SAPについて
SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業として、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、44万以上の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。