ITP Aero社、SAPのデジタル調達ソリューションを活用して成功を実現

(本リリースは、6月23日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、世界有数の航空機用エンジンおよび部品メーカーであるITP Aero社が、SAP® Ariba®ソリューションによって調達業務をデジタル化し、非常に複雑で国際化された同社のサプライチェーン全体における品質とスピードの向上につなげていることを発表しました。

サプライチェーン業務を標準化および合理化することで、ITP Aero社は民間用と軍用の航空機エンジンの設計、製造、組み立て、サービスを改善できます。

ITP Aero社で管理情報システムの責任者を務めるカルロス・ペレス・バリオカナル(Carlos Perez Barriocanal)氏は次のように述べています。「SAP® Ariba® Supply Chain Collaboration for Buyersによって、サプライヤーとの連携が合理化およびシンプル化され、すべての関係者の業務が容易になりました」

スペインのサムディオを拠点に全世界で事業を展開するITP Aero社は、クラウドベースのSAP Aribaソリューションと、SAP S/4HANA®と連携するAriba® Networkを活用して以下を実現しました。

  • 直接支出業務を1つのプラットフォームに統合することによる可視性、購買発注、確認、出荷通知、出荷元での受領、出荷先での受領、請求、支払の管理
  • 直接支出と間接支出の両方を1つのプラットフォームで管理することによる効率化
  • 140を超えるサプライヤーを含むサプライチェーン全体の可視化
  • サプライヤーとのコミュニケーションとコラボレーションの改善
  • サプライヤーとのコミュニケーションにおけるエラーの削減
  • ロジスティクスの計画および調整の改善による納入日程の最適化と過剰在庫レベルの削減

ITP Aero社は、創立から30年で世界第9位の航空機用エンジンおよび部品メーカーとしての地位を獲得しました。その製品は現在運行中のワイドボディ航空機の半数以上に搭載されています。同社はスペイン空軍が所有するエンジンのメンテナンスを請け負っており、Rolls-Royceグループの完全子会社です。

SAP AribaおよびSAP Fieldglass®ソリューションは、世界中の企業における調達業務の最大限の効率化を支援します。190カ国の480万社を超える企業が参加しているAriba Networkは、世界最大のビジネスネットワークの1つです。

以上

 

SAPについて
SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業として、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、44万以上の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。