Valley Bank、SAPおよびEYとともに 財務会計領域に関する社内システムをデジタル化

(本リリースは、8月12日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、Valley National Bank(Valley Bank)がデジタル変革を推進し、より重要なビジネスインサイトを獲得するため、SAP S/4HANA® Cloudを採用したことを発表しました。

アシュアランス、税務、トランザクションおよびコンサルティングサービスのグローバルリーダーであるEYが、Valley Bankの財務会計で従来使用されてきたシステムに代わるこのソリューションの導入を支援します。EYの担当チームが持つ業界およびビジネスにおける見識と、SAPの高度なテクノロジーソリューションを組み合わせることで、Valley Bankはインテリジェントエンタープライズを実現し、金融業界で成功するために必要な俊敏性を獲得できます。

Valley Bankは、ニューヨーク州ニューヨークを拠点とする地方銀行であり、Valley National Bancorp(NASDAQ:VLY)社の主要な子会社です。総資産はおよそ420億ドルで、ニュージャージー州、ニューヨーク州、フロリダ州、アラバマ州に200の支店を展開しています。リテールとコマーシャルバンキングのサービスを提供するこの金融機関は、これまで手動で行われてきた膨大なワークフロープロセスとリコンサイル(照合、突合)作業を排除するため、SAP S/4HANA Cloudを導入しました。Valley Bankは、SAP S/4HANA Cloudの安定したアーキテクチャー、高度な統合、標準で提供されるベストプラクティスを活用することで、手作業に時間を費やすことなく、有用なインサイトに基づくデータ主導の意思決定を行えるようになります。

Valley BankのSEVP兼CFOを務めるマイク・ハーゲドーン(Mike Hagedorn)氏は次のように述べています。「当社は、パーソナライズされたサービスと独自のソリューションにより、スマートかつ安全で、利便性の高い金融資産管理の選択肢をお客様に提供することを目標としています。財務会計領域に関する社内システムのデジタル変革を進めることが、この目標の達成につながります。また、SAP S/4HANA Cloudを導入したことで、より多くの成果をより短期間で実現できるようになります。これは、お客様の期待に応え続けるために不可欠なことです」

以上

 

SAPについて
SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業として、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。