不確実な時代を生き残るために、大手企業がSAPソリューションで支出管理をデジタル化

(本リリースは、10月28日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、グローバル経済の不確実性が続き企業のデジタル変革が加速する中、第3四半期に280社を超える企業が、調達と外部人材管理をデジタル化するSAP® Ariba®およびSAP Fieldglass®ソリューションの本稼動を開始したことを発表しました。

SAPのインテリジェント支出管理およびビジネスネットワーク担当プレジデントのジョン・ウーキー(John Wookey)は次のように述べています。「企業はこの困難な時に、ブランド、そして収益を守ろうとしており、デジタル化プロジェクトに力を入れています。このような不確実な時代においても、企業が事業を継続するだけでなく成長を続けるために、SAPのソリューションを活用して支出を管理し、必要な物品、サービス、外部人材リソースを確保している状況を大変うれしく思っています」

調達は、企業が今日の困難なビジネス環境を生き抜く上で、ますます重要な戦略的かつ中心的な役割を果たすようになっています。同時に、俊敏性を維持する必要性から、さらに多くの企業が柔軟な外部人材プールを活用するようになっています。

第3四半期にインテリジェント支出管理ソリューションを採用・導入した企業には、テルモ社の北米子会社のほか、次の各社があります。

  • Acciona社:スペインの持続可能なインフラストラクチャーおよび再生可能エネルギーの複合企業が、買掛金部門の効率向上のため、SAP® Ariba® Invoice Managementソリューションによる電子請求に移行しました。同社はサプライチェーンの透明性を高めるため、Ariba® Networkを使用するSAP® Ariba® Commerce Automationソリューションを導入して、サプライヤーとリアルタイムで情報交換しています。
  • Centro Médico ABCメキシコの大手医療施設がサプライチェーンの可視性向上と経費管理を実現するため、SAPを利用してデジタル変革を進めています(SAP Aribaソリューションの導入など)。

インテグレーター、インプリメンター(ソリューションの開発・実装)、リセラーから成るSAPのグローバルエコシステムは、第3四半期に、SAP AribaおよびSAP Fieldglassソリューションの73%を超える導入プロジェクトを成功に導きました。この四半期中に認定コンサルタントの数は増え続け、前年より83%増加しています。

70社を超える新規のお客様、150社が契約を拡大、220社が契約を更新
220社を超える企業がSAP AribaおよびSAP Fieldglassソリューションのライセンスを更新しているほか、150社を超える企業が契約を拡大しています。これには、ABB Groupのほか、次の各社が含まれます。

  • Natura社:ブラジル最大手の化粧品メーカーが、調達とサプライチェーンの運用を効率化するために、SAP S/4HANA®とSAP Aribaソリューション、SAP® Extended Warehouse Managementアプリケーション、およびSAP® Analyticsソリューションを統合することで、インテリジェントエンタープライズの実現に向けて一歩踏み出しました。
  • Vestas社:持続可能なエネルギーソリューションのグローバルリーダー企業が、SAP® Ariba® Supplier Lifecycle and Performanceソリューションの中国での本稼動開始をもって、同ソリューションの世界展開を完了しました。これは、購買、請求、コマースを自動化するSAP Aribaソリューションの導入の成功をベースに進められました。Vestas社は、サプライヤーのオンボーディングとパフォーマンス管理を行うクラウドベースの単一プラットフォームに調達を移行することで、スタッフおよび2,000社を超えるサプライヤーネットワークのエクスペリエンスを強化しつつ、コスト効率、リアルタイムの可視性、コンプライアンスを向上させています。

第3四半期に、70社を超える新規のお客様がSAP AribaおよびSAP Fieldglassソリューションを採用しています。この中には、Britvic Soft Drinks社、Indra Sistemas社、Siemens Gamesa社、VELUX社、および次の企業が含まれます。

  • Algar Telecom社:ブラジル最大の電気通信会社が、継続的なデジタル変革と成長の促進に向けて、拡張性と信頼性に優れた単一の統合プラットフォームに主要な業務を集約するために、SAPソリューションを採用しました。これには、SAP S/4HANA® Cloud、SAP® Cloud Platform、SAP Ariba、およびSAP® Digital Supply Chainの各ソリューションが含まれます。

以上

 

SAPについて
世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを経由しており、SAPはエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。