De’Longhi社やNew Era Cap社などのグローバルブランド、 顧客中心のビジネスを維持するため SAP® Customer Experienceソリューションを選択

(本リリースは11月2日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、パーソナライズされ、信頼で結ばれたカスタマーエクスペリエンスを提供するためにSAP® Customer Experienceソリューションを新たに導入したグローバルブランドを発表しました。

グローバル企業は、地域や業種に関係なく、顧客を深く理解することがビジネス成果に直結することを理解しています。SAP Customer Experienceソリューションを活用することで、企業は高度にパーソナライズされたカスタマーエンゲージメントを実現し、顧客にリーチするための方法、場所、タイミングを正確に把握することで、販売を促進し、良好なカスタマーエクスペリエンスを提供することができます。

SAP Customer Experience担当のCROを務めるポーラ・ハンセン(Paula Hansen)は次のように述べています。「グローバルブランドは、顧客の要望に合わせたエンゲージメントによって急速に変化する市場に適応することでカスタマージャーニーをサポートし、優れたエクスペリエンスを実現しています。企業は、SAP Customer Experienceソリューションを選択することで、デジタルコマースやD2C(Direct to Consumer)などのビジネスモデルへの転換、あらゆるチャネルにおけるカスタマーエンゲージメントの強化、そして卓越したエクスペリエンスを実現してきた実績のあるパートナーを得ることになります」

以下のお客様が、上記のニーズを満たすソリューションとしてSAP Customer Experience ソリューションを選びました。

  • Conforama Suissebは、家具と家電製品を扱う小売業者で、最高の商品をいつでも最良の価格で顧客に提供することにコミットしています。Conforama社は、SAP Customer Experienceソリューションを活用することで、既存市場でオムニチャネル小売のリーダーとしての地位を確立し、ITランドスケープをシンプル化して、カスタマーエクスペリエンスを改善しながら売上を向上させることを目指しています。
  • De’Longhi S. p. A.は、小型家電のデザイン、製造、流通を扱うイタリアのグローバル企業で、De’Longhi、Kenwood、Braun、Arieteというブランドを展開しています。De’Longhi社は、カスタマーサービスのエクスペリエンスを再構築し、ビジネスの高度な可視化と360度の顧客ビューに基づくビジネスクリティカルな意思決定を行うために、SAP® Service Cloudソリューションへの投資を行いました。
  • KMBSAKonica Minolta Business Solutions Asiaは、デジタル接続された世界に対応できる顧客中心のソリューションによって新しい形の職場を実現しようとしており、そのためにマーケティングからフィールドサービスまでのシームレスなカスタマーエクスペリエンスを必要としていました。SAP Customer Experienceソリューションは、SAP S/4HANA®ソフトウェアのデジタルコアと完全に統合されます。これにより、KMBSA社は新しい市場投入システムを開発し、営業部門を重要な価値を提供する組織へと転換し、アジア全域のビジネスセンターにおけるIoTとイノベーションを強化することができます。
  • New Era Cap Company Inc.は、主要スポーツリーグの公認ライセンスを持つスポーツキャップのグローバルリーダーであり、80を超える国で商品を販売しています。ニューヨーク州のバッファローを拠点とする同社は、即応性が高く、使いやすいオムニチャネルのエクスペリエンスをB2BとB2Cの顧客に提供し、高い成長目標の達成を支援するために、SAP® Commerce Cloudソリューションに投資しました。
  • Renault Do Brasilは、フランスの自動車メーカーRenault S.A.社のブラジルの子会社で、適切なデジタルのカスタマーエクスペリエンスを提供することがニューノーマルにおける企業運営に不可欠であると考えています。同社は、自動車をオンラインで購入する顧客によりシームレスで関連性が高いエクスペリエンスを提供するため、SAP Customer Experienceポートフォリオをアップグレードしたばかりです。また、SAP Commerce Cloudソリューションは、顧客の要求に応えるための効率性と俊敏性を高めることで、この大手自動車メーカーが事業の継続性確保に集中できるようサポートします。

以上

SAPについて
世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを経由しており、SAPはエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。