Boehringer Ingelheim社、41カ国でSAP S/4HANA®の本稼動を同時開始

(本リリースは、12月17日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

世界最大級の製薬研究調査会社であるBoehringer Ingelheim社は、SAP SE(NYSE:SAP)と連携してデジタル変革を推進しています。Boehringer Ingelheim社は、グローバルERPシステムのSAP S/4HANA®への移行を進めています。SAP S/4HANAは、財務、サプライチェーン、小売、オペレーション、品質管理の領域でデジタルコアを構築するための戦略的イニシアチブにおける中核的な要素となっています。

新システムは、ニュージーランドや南米などを含む41カ国の80社を超える会社と21カ所の生産拠点で、10月後半に本稼動が開始されました。進行中のグローバル変革は複数の市場で段階的に進められており、2025年までには完了する予定です。

これらの国では、ほぼ同時に、わずか4日間で本稼動が開始されました。世界中で600人を超える従業員が関与し、3,400を超えるテストスクリプトが実行されました。ブラウンフィールドアプローチを採用したこのプロジェクトでは、既存のERPシステムである「GBS」を、管理されたプロセスの中でSAP S/4HANAに1対1で変換するという特別な課題がありました。製薬業界では文書化に関する要件が数多く存在するため、現行のビジネスプロセスを再実装または中断することなく、既存のERPシステムを基盤とすることが特に重要でした。

Boehringer Ingelheim社のCIOを務めるマルクス・シュメルフェーダー(Markus Schümmelfeder)氏は次のように述べています。「SAP S/4HANAをデジタルコアとすることで、予測分析、AIベースのオートメーション、SAP® Asset Intelligence Networkなど、より多くのイノベーションを新しいユーザーエクスペリエンスと組み合わせて使用するための基盤が構築されました。Boehringer Ingelheimは、業界の中で常に先陣を切って新たな技術を導入しています」

SAP Germany SE & Co. KGのマネージングディレクターを務めるアレクサンダー・クラーゲル(Alexander Kläger)は次のように述べ、Boehringer Ingelheim社とのパートナーシップの重要性を強調しました。「医療システムの課題に対処するには、イノベーションに踏み出す勇気が必要です。Boehringer Ingelheim社は、デジタル変革の一環として重要なイノベーションを推進しており、SAPのテクノロジーがその基盤となっています。医療分野の企業との連携は、ビジネス上重要なだけでなく、社会的な義務であると考えています」

以上

 

SAPについて
世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを経由しており、SAPはエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2021 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。