東急建設、人材/組織の変革と経営基盤の充実に向け、 SAP® Analytics CloudとSAP® BusinessObjects™の目的に応じた ハイブリッド活用を開始

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下SAPジャパン)は、大手総合建設業の東急建設株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田 光宏、以下東急建設)が、中期経営計画に基づく3カ年のICT戦略にむけてデータの可視化や分析を強化するためにSAP® Analytics Cloudの活用を開始したことを発表しました。2003年からSAP® BusinessObjects™を活用してきた同社では、各事業部の多様な要求に対応するため、目的に応じてハイブリッドに活用しています。

多摩田園都市開発や渋谷再開発などの大規模プロジェクト、鉄道・道路・橋梁などの土木事業などを手がける東急建設株式会社。人材/組織の変革、国内建設事業の強化、収益多様化の推進、経営/財務基盤の充実という基本方針のもと、2018~2020年の中期経営計画を実行してきました。数値に基づいて理論を組み立てていくというデータ活用の文化が根づく同社では、SAP BusinessObjectsを2003年ごろに導入し、各部門が必要なデータを収集/加工して活用してきました。一方、中期経営計画に基づくICT戦略を進めるなかで、データを集計するだけでなく、見やすく可視化して迅速な意思決定につなげたいという要望に応え、データ活用を一歩前進させる必要がありました。

そこで同社は、東急グループ内のIT専門会社である東急テックソリューションズのメンバーが業務を担うシステムセンターと連携し、データを見やすく可視化するダッシュボードを作成するためのツール選定を開始。既存のSAP BusinessObjectsのデータ資産も活用できることや、BIツールとしては導入コストが低く、スモールスタートできることなどが決め手となり、SAP BusinessObjectsとSAP Analytics Cloudのハイブリッドな活用を決断、2019年にSAP Analytics Cloudを導入しました。

このハイブリッド活用は、人事部が主導する労働時間管理から始まりました。法改正や業界団体などの動きに率先して対応し、残業時間の削減に取り組んでいる東急建設では、労働時間管理をダッシュボード化し、部署ごとに残業時間の超過を把握できるようにしました。

以前は毎月人事系システムからデータを取得し、作表したファイルを各部門に送付していたところ、各部門担当者は自身の見たい時に労働時間を把握できるようになり、大幅な効率化が実現されました。

また、東急テックソリューションズを含めグループ内でシステム運用内製化の体制が整っていた東急建設ではSAP BusinessObjectsのデータを利用できることは大きなメリットであり、労働時間管理のダッシュボードはシステムセンターでの試作と人事部のレビュー工程を繰り返し、1カ月程度で構築することができました。

2021年から始まる次の経営計画を策定するなかでも、経営層、各部門でビジネス分析へのニーズは高まり、多部門からの次々に届く要望をもとに、さまざまなダッシュボードの構築が進行中です。

以上

■ご参考: 本事例についてのブログ記事はこちらからご覧いただけます。
SAP Analytics Cloudの導入事例、製品情報集はこちらからご覧いただけます。

 

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを経由しており、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com/japan

Copyright © 2021 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。