株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ 京セラドキュメントソリューションズ株式会社のDXを加速する デジタルコア基盤を構築


~国内初、クラウドデータマネジメントサービス「SAP HANA® Cloud」を採用~


株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:磯谷 元伸、以下 NTTデータGSL)は、2021年2月、京セラドキュメントソリューションズ株式会社(所在地:大阪市中央区、代表取締役社長:伊奈 憲彦、以下京セラドキュメントソリューションズ)の社内のデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを加速させるため、国内で初めてSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下 SAPジャパン)のクラウドデータマネジメントサービス「SAP HANA® Cloud」を採用し、デジタルコア基盤の構築を完了しました。

京セラドキュメントソリューションズは、2004年にSAP® ERPを導入し、業務プロセスと基幹システムの標準化をはかると同時に、SAP® BW(Business Warehouse) の導入によりグローバル統合データベースの構築を行いました。さらに2013年にはSAP HANA®を導入し、データ活用のモダナイゼーションを実現してきましたが、オンプレミスで構築された基盤では、急激に変化するビジネス要件への対応や先進技術の活用に時間を要しており、データ活用の取り組みにおいて課題を抱えていました。
そこで、次の3つを主な目的に次世代データ分析基盤の中核となるDXデジタルコア基盤として、SAP HANA Cloudの採用を決定しました。

  1. 機械学習を活用した先進的なデータ分析を実現すること
  2. データ蓄積およびデータ分析の両面からクラウド化することで継続的な先進技術の活用と運用費のコストダウンをはかること
  3. 集計や分析処理の高速化により既存資産を有効活用すること

「SAP HANA Cloud」は、2020年3月にグローバルで提供が開始され、オンプレミスのSAP HANAと同様に、インメモリデータベースによる高速な処理に加え、クラウドサービスによる運用コストの削減を可能にします。また、データソースを集約する各業務システムに対してもSAP HANA® smart data accessと呼ばれる「仮想データアクセス」の機能を提供します。さらに、社内に分散するシステムに個別にアクセスすることなく、「シングルポイント」である SAP HANA Cloud に対してSAP® Analytics Cloudをはじめとする分析ツールでアクセスすることにより、社内のデータをユーザーの目的に合った形で柔軟に活用することで、データ活用によるビジネスの分析や判断に大きく寄与します。
NTTデータGSLでは、SAP HANA Cloudの製品提案だけではなく、データ活用基盤のロードマップを策定し、データ活用基盤の導入と浸透を図る「成長期」、データガバナンスを取り入れる「成熟期」、さらなる活用を目指す「次期」とフェーズを分け、各段階に応じた展開計画を提案し、それに基づいた移行、導入を支援しています。SAPソリューションの導入実績のみならず、運用を見据えたデータ活用の基盤構築に関する支援が高く評価され、今回の導入が決定しました。京セラドキュメントソリューションズでは、2021年2月に「SAP HANA Cloud」の運用を開始しており、今後も両社でDXの推進に取り組む予定です。

 

<京セラドキュメントソリューションズについて>
京セラドキュメントソリューションズ株式会社(本社:大阪市中央区)は、グローバルに事業を展開している京セラグループの中で、ドキュメントソリューション事業を担っています。環境性と経済性に優れた複合機およびプリンターに加え、ドキュメント分野の多様なニーズに応えるため、商業用高速インクジェット事業に参入、さらにお客様のドキュメントワークフローを管理、最適化し、効率化を支援するビジネスアプリケーションおよびコンサルティングサービスを行い、ハードウェア、ソフトウェア、サービスの組み合わせにより、最適なトータルドキュメントソリューションを140ヶ国以上の国と地域に提供しています。

 

<NTTデータグローバルソリューションズについて>
株式会社NTTデータ グローバルソリューションズは、日系企業のグローバル展開に伴うシステムのグローバル化需要の拡大に対応するため、2012年7月に設立されました。NTTデータグループの「SAP Global One Team」の一員として、NTTデータの国内におけるグループ会社に分散していたSAPソリューション、業務ノウハウの一体化を図り、SAP ERPシステムの導入から保守運用、拡張開発支援など、多岐にわたるサービスをワンストップで提供し、NTTデータグループにおけるSAP事業の中核会社として、企業の戦略的な事業経営をサポートしています。

 

<SAPジャパンについて>
SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを経由しており、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com/japan

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。