SAP、世界最大のビジネスネットワークを拡張 新しい業種別ソリューションによって持続可能性の高いビジネスパフォーマンスを推進

(本リリースは、6月2日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、グローバルカンファレンス 「SAPPHIRE NOW」 において、ビジネス成果の向上、経済的、地政学的な状況変化への対応の強化、およびサステナビリティへの貢献拡大を実現する新たなビジネスコミュニティを構築するための大胆なビジョンを発表しました。SAPは、世界最大のビジネスネットワークを構築するための第1段階として、SAP® Business NetworkによってAriba® NetworkSAP® Logistics Business Network、およびSAP® Asset Intelligence Networkを統合すると発表しました。これによって550万社を超える企業がこのネットワークに参加し、コミュニティのメンバーとしてその恩恵を享受することになります。

この大きな発表を補足する形で、SAPは企業のビジネスプロセスを最新化およびデジタル化し、インテリジェントエンタープライズの実現を支援するための新たなイノベーションも発表します。お客様は、これに加えてサステナビリティに特化した新しいビジネス・アプリケーション・ポートフォリオを活用して、サプライチェーン全体でこれまでにない透明性を実現し、測定機能を高めることができます。

SAPのCEO兼エグゼクティブボードのメンバーを務めるクリスチャン・クライン(Christian Klein)は次のように述べています。「前例のないこの1年間で、SAPが関わるコミュニティの重要さがこれまで以上に明確になりました。SAPは新しいビジョンに基づき、お客様がそれぞれのサプライチェーン全体に広がるすべての企業と容易につながり、業界全体で経済がネットワーク化された世界最大のビジネスコミュニティを構築します」

私生活におけるネットワークの力は誰もが目にしてきましたが、企業間の連携を目的とするこのようなネットワークエコシステムは、ユニークです。新しいSAP Business Networkのメンバーは、一元化された統合ポータルにアクセスして、サプライチェーンのエコシステム、ロジスティクスおよびトレーサビリティ、設備の管理、保守および運用を包括的に把握することができます。詳しくは「SAP Introduces SAP Business Network」をご覧ください。

パンデミックの中で最も優れた回復力を示したのは、ビジネスプロセスを変革するテクノロジーを導入した企業でした。単にクラウドインフラストラクチャーを利用しただけで、実際にコアとなるビジネスプロセスをデジタル化しなかった企業は、パンデミックにうまく対応できませんでした。そのためSAPは、すべての企業をインテリジェントエンタープライズにすることを目的として、RISE with SAP transformation packages for specific industries を発表しました。1月に発表されたRISE with SAPオファリングの成功を受けて提供されるRISE with SAP transformation packages for specific industries は、小売、消費財、自動車、公益事業、産業用機械・構成部品の5つの最初の業種向けのクラウドソリューションによってBusiness Transformation-as-a-Service(サービスとしてのビジネス変革)を実現します。詳しくは「Start Your Digital Transformation Journey:RISE with SAP for Industries」をご覧ください。

二酸化炭素排出量は昨年一時的に減少に転じましたが、今年は過去2番目の増加を記録するペースで推移しています。サステナビリティは収益や利益と同様にビジネスの成功を左右する重要な要素であり、企業は今後10年の間に行動を起こす必要があります。SAPは測定可能な気候変動防止、多様性とインクルージョンの可視化、倫理的責任の透明化を目標として定めています。

この目標を達成し、サステナビリティをコアビジネスプロセスとして業務に組み込むため、SAPはサステナビリティに特化した新製品のポートフォリオを発表しました。これには、製品の設計者が初期の製品コンセプト策定段階から生産に至るまで持続可能性を重視した選択を行うためのSAP® Responsible Design and Productionソリューション、製品ライフサイクルを通じてサステナビリティを追跡するSAP® Product Footprint Managementソリューション、エンド・ツー・エンドの可視性を実現するSAP® Sustainability Control Towerソリューションが含まれます。詳しくは「Sustainability Management by SAP:Enabling Tomorrow Starts Today」をご覧ください。

以上

 

SAPについて
SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPはエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支え、そのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援しています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2021 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。