SAP S/4HANA Cloudを採用事例

SAP、循環型経済を加速する新ソリューションを発表

(本リリースは、11月8日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は本日、持続可能な製品設計を通じて企業の循環型経済への移行を促進するSAP® Responsible Design and Productionソリューションの提供を開始したことを発表しました。これは、サステナビリティに特化したソフトウェアアプリケーションポートフォリオの最新ソリューションとなります。このポートフォリオは現在拡充中で、サステナビリティの測定およびデータ管理に役立てることができます。

持続可能な世界に向けてプラスチック税などの事業規制の導入が進む中、SAP Responsible Design and Productionソリューションによってブランドは循環型経済のビジネスへの移行を加速することができます。この新しいソリューションは、企業がトラッキングや急速に変化する規制(特に製品パッケージやプラスチック関連)の遵守などのプロセスを通じてマテリアルフローをより把握できるよう支援します。現在、持続可能な製品の開発が進んでいますが、食品・消費財業界においては、原材料と規制関連データの管理は最も複雑な課題の1つとなっています。

エレン・マッカーサー財団のCEOを務めるアンドリュー・モーレット(Andrew Morlet)氏は次のように述べています。「循環型経済の3原則は廃棄物と環境汚染の根絶、製品と原材料の循環、自然の再生であり、これは製品の設計段階で考慮されなければなりません。循環型経済への移行では、デジタルソリューションが重要な役割を担います。デジタルソリューションを活用することで、廃棄物の削減を最初から考慮した製品設計や使用する原材料のライフサイクルのトラッキングなど、業務全体に循環型の手法を組み込むことができます」

このSAPの新しいソリューションを活用することで、企業は循環型経済の基本原則をコアビジネスプロセスに組み込み、持続可能性を最初から考慮した製品を設計することで廃棄物の根絶と新たな価値の創出を実現できます。例えば、シャンプーのブランドマネージャーであれば、拡大生産者責任(EPR)制度や市場ごとに異なるプラスチック税の情報など、製品のライフサイクル全体を把握できるようになります。これに基づいて、ブランドマネージャーは、廃棄物を削減する設計に変更したり、ライフサイクル下流の再利用・リサイクルシステムのコスト削減に関する意思決定を行ったりすることができます。

SAPエグゼクティブ・ボード・メンバーであり、カスタマーサクセス責任者を務めるスコット・ラッセル(Scott Russell)は次のように述べています。「毎年、私たち人類は地球が1年間で再生できる自然資源量のほぼ2倍を消費しています。企業は、資源を廃棄せず再利用するスマートで責任ある製品の設計を通じて、地球環境の価値を持続させるという重要な役割を果たすことができます。廃棄物を出さず、責任ある原材料を使用する製品の設計には複雑さが伴いますが、SAP Responsible Design and Productionはそうした複雑さを解消し、お客様に「ゴールドスタンダード」ソリューションとしてご利用いただくことで、循環型製品の提供と再生型経済の実現を支援します」

SAP Responsible Design and Productionは、Accenture(アクセンチュア)社とのSAP® Business Technology Platformを使った共同開発により誕生したクラウドネイティブソリューションです。企業は、このソリューションが提供するカスタマイズされたインテリジェンスを活用することで、EPR関連規制やプラスチック税の最新情報を把握し、循環型経済の原則をコアビジネスプロセスに組み込んで、持続可能なビジネスに向けて設計を最適化できます。詳しくは、ブログ記事「Helping Business Thrive in a Circular Economy」をご覧ください。

SAPは、10年以上にわたり、持続可能な企業として自ら模範を示してきました。ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)において14年連続でソフトウェア業界のリーダーに認定されていることに加え、SAP統合報告書の発行やバリュー・バランシング・アライアンスへの参加は、経済的、環境的、社会的パフォーマンスの統合に基づくビジネス意思決定の推進というSAPのコミットメントの表れです。

詳細については、SAPのCOP26関連記事SAPのサステナビリティソリューションをご覧ください。

以上

 

SAPについて
SAPの戦略は、あらゆる企業がサステナブル・インテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。世界中の商取引売上の87%は何らかのSAPシステムを経由しており、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中でき、持続可能な成長を実現する企業のあり方である「サステナブル・インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2021 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。