SAP、ガートナー社の2020年マジッククアドラントで セールスフォースオートメーション分野のリーダーに認定

(本リリースは、8月5日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、ガートナー社が2020年7月に発行した「Magic Quadrant for Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション分野のマジッククアドラント)」レポートにおいてリーダーに認定されたことを発表しました。SAPがこの分野でリーダーに選ばれたのは2年連続です。ガートナー社は最新のレポートで、SAP® Sales Cloudソリューションを含む、ベンダー15社の製品を評価しました。

SAP Sales Cloudは、営業チームが各取引の状況を確認し、販売分析をモニタリングし、販売収益を予測し、推奨コンテンツに基づき販売戦略を改善するための技術的基盤となります。

このレポートで、SAPは「ビジョンの完全性」と「実行能力」が認められました。

SAP Customer Experience担当のCROを務めるポーラ・ハンセン(Paula Hansen)は次のように述べています。「競争の激しい現在の市場では、契約の獲得に2度目のチャンスはありません。顧客は、ニーズが満たされなければ自由にほかを探すことができます。SAP Sales Cloudにより、販売組織が個別の取引レベルまでビジネス全体を管理し、最終的に売上を向上させることができます」

SAP Sales Cloudソリューションは、SAP® Marketing Cloud、SAP® Commerce Cloud、SAP® Service Cloud、およびSAP® Customer Data Cloudソリューションとともに、より広範なSAP® Customer Experienceポートフォリオを構成しています。

詳しくは、セールスフォースオートメーション分野を詳細に分析したガートナー社のレポートを無料でダウンロードしてご覧ください。

以上

 

SAPについて
SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業として、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。