SAPジャパン、企業が顧客を即時に把握できる新世代CRMソリューション 「SAP® Customer Data Platform」を発表


企業プロセス全体のデータを顧客に結び付け、プライバシーに配慮したリアルタイムな顧客データをあらゆるチャネルで利用可能に


SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下SAPジャパン)は、次世代顧客データプラットフォーム(CDP)のSAP® Customer Data Platformを発表しました。この新ソリューションは、コマースから、マーケティング、セールス、サービスまで、あらゆるエンゲージメントのカスタマーエクスペリエンスを再定義できるよう企業を支援します。企業プロセス全体のあらゆるデータを顧客に結び付け、個人情報に配慮したリアルタイムな顧客データを、あらゆるチャネルで利用可能にします。提供開始は本年11月中を予定しています。

企業の差別化要因としてのカスタマーエクスペリエンスの重要性が世界中で高まる中、多くの企業はCDPを利用して独自のパーソナライズされたエクスペリエンスを構築し、それをマーケティングで幅広く活用しています。しかし、このようにマーケティングに用途を絞り込むことで、CDPの可能性が最大限に生かされていないケースが数多く見られます。

SAP Customer Data Platformは、マーケティングの枠を超え、豊富なコンテキスト情報を伴うコマース、セールス、サービスのエクスペリエンスと、関連性が高くタイムリーなマーケティングを実現するプラットフォームです。SAP Customer Data Platformは、顧客データの収集および管理機能に基づくパーソナライゼーションを提供することを目指しています。企業は顧客をすべてのタッチポイントで把握し、関連性の高い対話を効果的に促進して、長期的な顧客ロイヤリティーを構築することができます。

成功をもたらすデータの接続、保護、理解、パーソナライズ
SAP Customer Data Platformは、企業が潜在顧客を増やし、その有効性を高めるために重要な以下の4つの事項を実現できるよう設計されています。

  • 組織内のすべてのデータソースを結び付けます。
    複数のデータソースに顧客データが別々に保存されていると、データのサイロ化が進み、顧客を一元的に把握できなくなります。SAP Customer Data Platformは、組織内のすべてのソースから顧客データを取り込み、変換することができます。これにはファーストパーティーのCRMデータだけでなく、セカンドパーティーデータ、サードパーティーデータ、オフラインデータ、イベントおよびアクティビティストリーム、トランザクションデータ、行動データ、エクスペリエンスデータ、バックオフィスデータが含まれます。ソースにかかわらず、これらのデータはオペレーションデータに加えてコンテキストとともに保持され、データ品質に関する高い信頼性が求められるシステムを結び付けます。これにより、統合された顧客プロファイルが即座にリアルタイムで更新され、データの鮮度が保たれるようになります。
  • 包括的なデータプライバシー戦略により、顧客データを保護します。
    データプライバシーを取り巻く現在の環境において、企業は顧客データがいつ、どこで、どのように使用されるのかを理解しておく必要があります。SAP Customer Data Platformは、データ収集の主な目的を認識することで、より包括的なプライバシー戦略の策定を支援し、必要な同意が得られた場合にのみインバウンドデータをプロファイルに統合します。これによってデータ収集の手法とデータ処理の理由が透明化され、顧客のデータプライバシーに対する企業のコミットメントが明確になります。
  • 大量のデータを理解します。
    SAP Customer Data Platformは、高度なセグメンテーションとリアルタイムで計算されるアクティビティ指標により、顧客の好みと行動を正確に把握できるよう支援します。これは、関連性が高く、パーソナライズされたオムニチャネルのエンゲージメントを提供するために必要な、オーディエンスを構築および活性化するためのデータ基盤となります。このオーディエンス管理を一元化することが、マーケティング、パーソナライゼーション、コマース、サービス、セールスのソリューションにおける一貫したエクスペリエンスの提供につながります。これは、カスタマーファーストの戦略において不可欠な要素です。
  • 包括的な顧客ビューに基づき、エンゲージメントを高度にパーソナライズします。
    SAP Customer Data Platformは、バックオフィスの膨大なオペレーションデータと、フロントオフィスデータおよびエクスペリエンスデータの統合を支援します。これにより、組織全体のエンゲージメントソリューションに対し、実用的な権限ベースの顧客インサイトがリアルタイムで提供されます。その結果、関連性の高いエンゲージメントが、適切なタイミングと場所で、顧客が望むチャネルと条件において実行されるようになります。

強固な基盤を持つ
SAP Customer Data Platformは、Gigyaテクノロジーに基づくSAP® Customer Data Cloudソリューションを基盤としています。SAP® Customer Identity and Access ManagementおよびSAP® Enterprise Consent and Preference Managementソリューションとの連携により、デジタルプロファイルの安全性とコンプライアンスが確保されます。SAP Customer Data Platformは、リアルタイムのプロファイルを生成するための連結軸として、顧客インサイトの基盤を構築し、企業とのエンゲージメントを求めるすべての顧客に応じた関連性の高い対話を実現します。

SAP Customer Experienceのプレジデントを務めるボブ・スタッツ(Bob Stutz)は次のように述べています。「これまでもCDP製品は市場にありましたが、SAP Customer Data PlatformはCDPの新たな可能性を広げるものです。SAP Customer Data Platformは、最も先進的なエンタープライズ向けCDPの1つです。大量のフロントオフィスデータ、バックオフィスデータ、エクスペリエンスデータを統合し、顧客が望むチャネルで真にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供することで、匿名のユーザーを既知の顧客に育て、そのロイヤリティーを高めます。これができるのはSAPだけです」

以上

 

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを経由しており、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com/japan

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。