SAP S/4HANA® Cloud、ガートナー社の 2021年マジッククアドラントレポートでリーダーに認定

(本リリースは、5月19日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、2021年の「Magic Quadrant for Cloud Core Financial Management Suites for Midsize, Large and Global Enterprises(中規模企業、大規模企業、グローバル企業向けクラウドコア財務管理スイート分野のマジッククアドラント)」* でSAP S/4HANA® Cloudがリーダーに認定されたことを発表しました。

SAP S/4HANAのプレジデントを務めるヤン・ギルク(Jan Gilg)は次のように述べています。「SAPでは、SAP S/4HANA Cloudに対する投資とイノベーションを継続的に行っており、次世代のエンド・ツー・エンドのインテリジェントビジネスプロセスをお客様に提供しています。これはSAPがお客様のために尽力していることを表しており、その結果、最近のマジッククアドラントレポートでリーダーに選ばれました。リーダーに認定されたことを誇りに思います。またこのことは、お客様がクラウドでオペレーショナルエクセレンスを実現できるようにSAPが注力していることを表していると考えます」

このソリューションで最近行われたアップデートは次のとおりです。

  • サブスクリプションベースのビジネスモデルを収益化するためにビジネスをサポートするプロセス
  • さまざまな会計基準に従って財務諸表を準備し、提示できるユニバーサルパラレル会計
  • SAP® Intelligent Robotic Process Automation 2.0による新しいボット環境テクノロジーサービス
  • SAP S/4HANA Cloudの使用中にリアルタイムでサポートを受けられるようにすることで、お客様のサポート体験を向上させる新しいビルトインサポート

ガートナー社のマジッククアドラントレポートでは、ベンダーは「ビジョンの完全性」と「実行能力」について評価されます。レポートでは次のように評価されています。「リーダーは、コア財務管理のシステムとプロセスをクラウドに移行して、これらをどうサポートし、改善するかという点で市場を決定付けるビジョンを実践しています。リーダーは、製品、サービス、市場投入戦略を通じてこのビジョンを実行する明確な能力を兼ね備えています。リーダーは市場で強い存在感を示しており、収益と市場シェアを拡大し続けています。この市場で、リーダーは、さまざまな規模の企業との取引を獲得する能力を一貫して示しており、コア財務管理のすべての領域で豊富な機能を提供しています。リーダーは、本社のある地域でもその他の地域でも、お客様による導入の成功事例を複数示しています。リーダーの製品は、財務変革イニシアチブをサポートするためにシステムインテグレーターパートナーによって頻繁に使用されています」

さらに、次のように述べられています。「リーダーは、一般に、市場のさまざまな要件をサポートすることで、市場の広範な顧客に対応します。ただし、垂直市場やその他のより特殊なセグメントの固有のニーズを満たすことができない可能性があります。その場合、ニッチプレーヤーの方が適切に対応できるかもしれません」

SAP S/4HANA Cloudは、コア財務向けの実績あるグローバルソリューションであり、ほとんどの国に合わせてローカライズされ、言語、通貨、規制のサポートが提供されます。また、SAPには、導入サービスを提供するグローバルパートナーネットワークがあります。SAPは、SAP S/4HANA Cloudのユニバーサルジャーナルによって、総勘定元帳と財務管理プロセスにイノベーションをもたらし、トランザクション、アナリティクス、統合の領域で柔軟性の高い財務構造を実現しています。

今年のレポートには、次のように記載されています。「より多くのベンダーが財務計画と財務分析(FP&A)向けのクラス最高のソリューションを獲得、開発、またはそれに投資するようになったため、レポートのクラウドコア財務管理スイート市場にこの機能を追加しました。ERP市場は、クラウドコンピューティングの出現がきっかけとなり、技術の世代交代を迎えているため、コア財務管理市場では、それに応じた再編成が行われています」。また、次のような見解も述べられています。「2024年までに、組織の60%が同じベンダースタックまたはプラットフォーム内でコア財務管理を財務計画と財務分析(FP&A)機能と統合すると思われます…。FP&Aは、この調査で多くのベンダーにとってにわかに差別化ポイントとなっており、今後も顧客獲得の推進力となるでしょう」

SAP S/4HANA Cloudでは、コア財務ソリューションに統合されたSAP® Analytics Cloudソリューションでコア財務向けの組み込みの計画コンテンツが提供されます。SAP Analytics Cloudでは、俊敏性が高い予測型の財務計画と、拡張された計画および分析をサポートしているため、企業全体で担当者と計画を結び付けて、ビジネス成果を向上させることができます。

「Magic Quadrant for Cloud Core Financial Management Suites for Midsize, Large and Global Enterprises(中規模企業、大規模企業、グローバル企業向けクラウドコア財務管理スイート分野のマジッククアドラント)」レポートは、スタンドアロンで市場に投入、販売されていて、クラウドサービスとして提供されているコア財務管理スイートを対象としています。SAP S/4HANA Cloudには、SAPのクラウド財務管理ソリューションが組み込まれています。お客様は、ニーズを満たすためにどのクラウド導入モデルからでも利用できます。

詳細については、こちらをクリックしてレポートの無料版をダウンロードしてください。

* ガートナー社、「Magic Quadrant for Cloud Core Financial Management Suites for Midsize, Large and Global Enterprises(中規模企業、大規模企業、グローバル企業向けクラウドコア財務管理スイート分野のマジッククアドラント)」、ジョン・ヴァン・デッカー(John Van Decker)、グレッグ・ライター(Greg Leiter)、ロバート・アンダーソン(Robert Anderson)、2021510

以上

 

SAPについて
SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPはエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支え、そのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援しています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2021 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。